MENU

BLOGブログ

日常

体温計もってったの誰?

2022.01.26

体温計どこいった?

 

 

 

 

 

 

てならない様に

今さらながら

体温計アプリを調べてみました。

 

 

 

 

 

このご時世、

思いついたら誰か作ってるでしょ!?

の感覚でございます。

 

 

 

 

 

 

 

「体温計」という名前のアプリを

今使ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはiPhoneのアプリで

カメラとライトの機能を使って

 

 

 

 

 

 

 

基礎体温と心拍数から

おおよその

体温を測るというもののようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう根拠で

数値化してるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったので調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体温が0.5℃上昇するごとに、

心拍数は

1分間に10回程度

上昇するそうです。

(条件範囲:体温が40℃くらいまで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

条件部分を解説します。

 

40℃を超えると、

熱のために心筋自体の機能が低下し、

心拍数は逆に減少するらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心拍数の増加

=血流量が増加

=汗かく

=放熱

=体温下がる

という理屈だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

成人の平均脈拍数

男性:65~75回(1分間)

女性:70~80回(1分間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱がある時は

脈拍は多くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

脈拍数が多ければ、

熱があると判断することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脈拍10回=0.5℃上がる

 

平均の真ん中を取って

男性:70回(1分間)→80回=+0.5℃

女性:75回(1分間)→85回=+0.5℃

 

36.0℃が平熱

と設定すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1分間で普段より

+10回ドキドキすると

36.5℃の判定になって

発熱があるよ、ないよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらこういう

構造っぽいです!!

ドヤァ( ・´ー・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと

基礎体温を入れて置かないと

正確な数値が出ないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーを飲んだり

階段どころか

歩いた後なんかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脈拍が上がるから

割と発熱モードになってしまうので

実装するには

これから検証が必要そうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になった方は

体温計 無料 スマホ 🔍

してみてください。

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから