MENU

BLOGブログ

日常

転職はずっと自分のターンの神経衰弱

2022.01.25

転職はずっと自分のターンの神経衰弱

 

 

 

 

 

 

 

自分というカードに

合う会社は

3社くらいはある

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

 

合わない会社も

いっぱいある

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプの様に

 

 

 

 

 

 

自分がジョーカーなら

どこでも

合わせることができるでしょう

 

 

 

 

 

 

会社がジョーカーなら

どんな人でも

合うでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

求人票を見て

受けようか迷っているアナタへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めくって

違ったとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのカードを裏向きにしないと

自分と合うかどうかは

わかりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも

アナタが見る求人数には限りがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

アナタは条件や希望を持っているから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

条件や希望を捨て去ることができれば

世界は広がります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプは1組52枚

これをデッキと呼びます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な人が

1回の転職活動で視る求人票は

せいぜい

50件~100件です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

デッキ1~2つ分くらいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に

アナタが

ハートのAだったとして

 

 

デッキ1つでも残り3つのAが存在します。

 

 

デッキ2つなら7つ

そのうちドンピシャなハートのエースが1枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

転職慣れをしていない人は

1枚、2枚めくったところで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2でもKでも

言い訳をつけて

隣の番号だから・・・

一周回って、隣だから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の行動を正当化させたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

自然の心理なので

仕方ありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと自分のターンの

神経衰弱なら

率先して

カードをめくる人も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職活動になると

急にカードをめくらなくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

数字が合ったらクリア

ゴールが見えているから

めくれるわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職は

正解なんてありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不正解を正解にすること

正解を不正解にすること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

入った後の

未来の自分が決めること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今起きてないコトで悩まない

未来の自分に

他者貢献しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと俺のターン!

ドロー!!

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから