MENU

BLOGブログ

日常

光の単位を調べてみました

2022.01.22

プラントの工事をしていると
ライトを使うこともあります。

 

 

 

 

投光器やヘッドライト
と呼ばれるものを
現場に持ち込んで

 

 

 

 

暗い所では作業をします。

 

 

 

 

 

 

ライトを手配しておいてください

と言われたので

 

 

 

 

 

 

 

性能や仕様を見て
「ルクス」が大きいものが
良いのだろうと

 

 

 

 

 

 

 

カタログを見ながら

商品選びをしていたら

ルクスの表記が無い

 

 

 

 

 

 

代わりに

明るさ(lm):200

などと書いてあるわけです。

 

 

 

 

 

 

ご存知の方も御座りましょうが

 

 

 

 

 

lmを知らなかったワタクシは

調べてみました

ルーメン

という単位だそうです。

 

 

 

 

 

 

調べていたら

明るさの単位は大きく分けて3つ

 

 

 

 

 

 

 

ルーメン

カンデラ

ルクス

 

 

 

 

 

 

 

があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーメン(Lm)とは、

光源から放たれたすべての光「光束」の量を表す単位。

 

 

 

 

 

 

 

カンデラ(cd)とは、

光源から出る光の強さ「光度」を表す単位。

照らす範囲の一番明るい箇所の数値。

 

 

 

 

 

 

 

 

ルクス(Lux)とは、

照らされた場所に、
どれだけ光が入っているかを表す「照度」の単位。
光源から遠ざかるほど数値は小さくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べていたヘッドライトでは

80ルーメンのものもあり

 

 

 

 

 

今回は200ルーメンのものを

手配して

明るさを試してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

光源のタイプ(LED)や

電源が電池式や充電式

最大点灯時間

保護等級

充電時間

重量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が争点になってくるのかな

という印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根拠を持って

スペック(性能・仕様)で

選ぶことは大事ですね

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから