MENU

BLOGブログ

日常

会社ことが好きな人を不採用にする理由

2022.01.20

会社ことが好きな人を不採用にする理由

 

 

 

 

 

 

 

 

提供するサービスや商品にもよりますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入る前から

その会社のことが好きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という人の

採用面接は注意が必要です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

顧客目線で

その会社のことが好きです

だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

ディズニーランドさんであれば

ファンを採用することも

悪くないかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクドナルドさんも

ファンを採用するメリットが

あるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンを

採用するべき会社

そうでない会社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンを

配置すべきポジション

配置すべきではないポジション

が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで

個人的な感想ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディズニーランドさん

であればキャストと呼ばれる

お客さんに接する方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクドナルドさんであれば

店舗スタッフさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンを採用するメリットは

あるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと

マニュアルもあり

自身が体験したサービスを

再現することが

目的だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では

新商品開発部門

店舗開発部門

に置き換えてみたらどうでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもなお

ファンの人を優位性は

感じられるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

そのパークやお店に興味のない人

と比べたらどうでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ

ファンの方が良いだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は

一生懸命働くと思うから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命働く事は大事ですが

商品開発や店舗開発は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その会社が今までに持っていない

新しい切り口

既存社員が

慣れてしまって見逃していた

改善していないポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を見つけて

変革していくことが仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

そのパークや店の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒探しが得意な人

他のサービスに魅力を感じている人

の方が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向いているということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今

否定は悪だと

一辺倒に解釈することは

良くないと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の

経営理念の

EXTEND THE GOOD

(エクステンド ザ グット)

意味:イイトコロノバス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前味噌ながら

良い理念だと思っています。

時代の象徴とも言えるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々

デジタルの波に乗りながら

オンラインで初対面の方々と

やりとりをする中で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的には

相手を肯定する

を徹底しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

ふと

立ち止まって考えた時に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人が

成長していないと

感じた時に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪いことを

悪いと教えてあげること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが本当の優しさなのにな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代の子は

怒られ慣れていません

 

 

 

 

 

 

 

大人もそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代に

愛のある説教をしてくれる人は

ほとんどいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒ってくる人ではなくて

叱ってくれる人が

近くに居たら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し俯瞰(ふかん)して

誰の為に

放っている言葉かを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷静に考えることも

大切です。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから