MENU

BLOGブログ

日常

満足度と自己評価は比例しない

2022.01.17

満足度と自己評価は比例しない

 

 

 

 

 

 

 

 

習い事が1クールの終了を迎え

受講者アンケートを書く機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生は、

生徒の成長

なりたい自分になる

をテーマに掲げておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、目標を聞かれたので

その場で考えて

それらしい回答をしました

 

 

 

 

同内容の社内講師ができるように

 

 

 

 

もちろん

それも一つの目標ではありますが

 

 

 

 

 

 

その目標に対して

さほど熱をもってはおらず

 

 

 

 

 

 

 

個別指導の時も

具体的なカリキュラム作りに

協力をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の話をしてしまえば

自腹でプライベートの時間を使って

学んだことを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学ぶ気もなく

 

成長意欲の低い人に

 

タダで教えることは

 

時間の無駄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしとしては

自分を大切にしていない。

先生を大切にしていない。

行為に等しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

それで何もしなければ

それこそ習った意味もなくなるワケで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、

当社用カリキュラムは鋭意製作中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して

アンケートには

受講前の自己評価

受講後の自己評価

という内容があり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講前の評価 0

受講後の評価 1

 

 

で提出したら

先生が心配して連絡してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この0は

あくまで基準点でして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10点満点と言われたので

10点スタートでも良いのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局

受講前 0/10点

受講後 5/10点

 

 

 

で提出し、

ご納得いただくという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何のためのアンケートなのかw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に

先生に申し上げたのが

わたしの満足度と自己評価は比例しません

ということ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では

満足度は何点ですか?

と尋ねられたので

10点です。

と答えたところ

 

 

100点満点中ですか?

 

 

 

 

 

 

えーーーーい

先生やかましい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それであれば

120点ですね

と答えたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生もホクホクされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講座のレビューで使われることを考えると

わたしの記入の仕方も

不親切でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートは、

求める結果になるように

質問を作る

と大学で習いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので受講前の

自己評価を数値で聞くよりも

変化の度合いを

確認すると良いかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に

成長の成果よりも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講座を通して何を得られたか

楽しかったか

居心地がよかったか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の感情を見つめなおした時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった

人とのリレーションシップ(人間関係)が

重要なのではないかと思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから