MENU

BLOGブログ

日常

働き方と成果の相関関係

2022.01.13

何かしらの専門性の低い

一般的なお店をやるとして

 

 

 

 

 

 

 

3人一組のチームを3つ作る

言われたことしかしない 3名

言われてないことも率先して行う 3名

言われたことを守らない 3名

 

 

 

 

 

 

 

 

どのチームが

より良いサービスが生み出せるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より良い

というのは

「ありがとう」と言われる数

で測るものとする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われたことしかしない3名

設定した、ありがとう数を

キチンと獲得する。

 

 

 

 

 

 

設定次第では

良い結果を生む。

 

 

 

 

 

ただ設定以上には増えないので

原点方式の考え方になる

 

※これを日本式マニュアルオペレーションと呼ぶ。

わたしが勝手につけた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われてないことも率先して行う3名

設定した、ありがとう数を

キチンと獲得した上で

 

 

 

この3人の間で

どうすれば、より良くできるか

会話が生まれ

 

 

 

 

設定外のありがとうを獲得するかもしれません

 

 

ただメンバーのオペレーションに

差がある場合

お客さんによっては

満足と不満足がデキてしまう

恐れもあります。

 

※欧米式マニュアルオペレーションと呼ぶ。

わたしが勝手につけた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われたことを守らない3名

ビジネスの設定を無効化する

後進国でマニュアルオペレーションを

実施しようとすると起きてしまう

 

 

 

 

マニュアルオペレーションは

ある一定の教育を実施して

合わせることの意味などを理解させる必要がある。

 

 

 

 

具体的には

自分のOKが

会社やお客さんのOKに

レベルが達していない場合も

 

 

 

 

言われたことを守らないに該当します。

 

 

 

 

 

商売やお客さんのことを

考えない人格者に多い傾向にあります。

 

 

 

 

 

自分の価値基準で

仕事を進めようとすることは

よくありません。

 

 

 

 

※もちろん、それが現状よりも

良くなる価値観であれば

推進すべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は

指示通り

ルール通り

マニュアル通り

実施する、しないなどの観点で

考えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論、

商売の基本である

お客さんを大切にできるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんに配慮したり

お客さんを気にかけたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは建設業でも同じです。

建設業は労働人口も多く

やり取りも高額な巨大マーケットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その割に

いつも感じていること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取引先やお客さんを

本当に気にかけて

大切にしている人は

何人いるだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

お客さんが誰かを理解していない人も

多いのでは?

と思うことも、しばしば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でも

友人でも

もちろん職場の人でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んでくれた人には

 

 

 

 

 

 

身近な誰かに

日頃の「ありがとう」を伝えてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に普段、

感謝を伝えない相手に届けてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから