MENU

BLOGブログ

日常

型を磨くには鏡が大事

2021.12.30

ごはん屋さんへお客さんとして行った際

 

 

 

お店の人に

・お金下さい

・作り方教えてください

と言った事はありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来

このセリフは

おかしいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんであれば

お金を払う代わりに、料理を出してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店側であれば

この料理いくらです。

お召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に働く料理人さんが

作り方を教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、

当たり前のことに思えますが

本当に

当たり前でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は外国と違って

役務に対して給与を発生させることではなく

決められた時刻に

居ることに価値を置いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからか

採用面接の際に、

「研修の体制」教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という質問が

最初の質問としてよく登場します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他社さんや他の面接官はどうか

わかりかねますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地雷ワード、NGワードの一つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを「最初に」聞かれる方は

基本的に、お金を払って

何かを勉強してきた方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分から仕事を覚える気のある人は

まず

この質問から入らないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページなどを見て

少なからず

何かしらの仮説や感想を持って

望む方が良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社どうこうというより

どこの面接を受けるとしても

共通して言えるコトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味は人間観察

という人も昔から

一定数存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正確に言うと

人間観覧

人間観賞

の類の人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜそんなことを

言うのかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観察というのは

物事の状態や変化を客観的に注意深く見ること

対象を正しく見極めること

であるならば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自身への学びや気づきが人を成長させるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は人の影響により

成長したり、行動を改めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

成長や行動に変化がなければ

「観察している」に相当しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで

観覧:見物する

観賞:見て楽しむ

でしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間観察を語るならば

他人を客観的にみる視点と共に

自己を客観的にみる視点が

同時に養われるはず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自身のキャラ設定や言動が

他者から

どう見られているかを

意識していない人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間観察をしたときに

A4用紙に

その人の特徴を

書き出してみるとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに書き出した

言葉の数々は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の写し鏡になっていることは

少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を幸せだと思えない人は

自身が幸せではないのかもしれないね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから