MENU

BLOGブログ

日常

電子帳簿保存法やインボイス制度は大変ね

2021.12.28

電子帳簿保存法

 

 

 

①自分で作ったデータは

データで保存しなさい。

 

 

 

②データで受け取ったものは

データで保存しなさい。

 

 

 

 

③紙で受け取ったものは、

スキャンデータで保存しなさい。

 

領収書も写メして、画像保存。

 

 

 

 

 

 

だったんだけど

スキャンデータもしくは紙で保存しなさい。

に緩和がありました。

 

 

 

 

③の緩和部分(紙保存の猶予)は

2023年12月31日までの限定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年10月1日から始まる。

インボイス制度

 

 

 

 

これは

的確請求書と言う名前の

請求書の規格みたいなものができて

 

 

 

 

 

 

法人番号みたいのが

事業者ごとに割り振られていて

 

 

 

 

 

 

 

 

今までだと

法人格に

法人番号が

振られて管理されていたので

 

 

 

 

 

 

 

 

個人事業主は

脱税がしやすかったわけですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは

個人事業主も含めた

事業者全てに

管理番号が

割り振りされて

キッチリ税金を回収されるという仕組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界で言えば

一人親方さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食業界やIT関連

様々な業界で

個人事業主さんが居ますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来のように

脱税出来るかと言うと

かなり難しくなってきます。

※脱税している前提というのも、

性悪説ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ税務所職員さんも

儲からないところには行かない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小規模の所行く時間があるなら

大きい所を取り締まった方が

税収が大きい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っていたので

お互い営業職ですねー

って話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、これ

作り話です。

※フィクションなので、先に断っておきますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の仕組みは

直接関わって居なくても

知っておいて損はないんだよねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の真実なんて

誰も教えてくれないんですけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で真実を探しに行く行動が

真実への唯一の道なのですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから