MENU

BLOGブログ

日常

ふるさと納税をやるのかい!?やらないのかい!?

2021.12.26

やーーーーーーーーーーるっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

 

 

 

ふるさと納税って得なんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問を頂く事も多いので

記事を書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論、得かどうかは

・来年の税金を前払いする

・2000円の手数料を払うと返礼品が貰える

 

 

 

 

 

 

この2つの事柄を見て

 

お得! やろ!

 

と思うか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に得じゃない! めんどくさ!

やーらない

と思うか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度判断して頂いて

良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいこと言うと

所得によって・・・

寄付した人の名義じゃないと・・・

 

 

 

状況 や やり方

で失敗することもあります

 

 

 

※ちゃんと読めば、間違えない

しかし

ちゃんと読んでも、わかりにくい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というワケで

少し詳しく

ポイントを整理していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

減税や節税とは違う

来年の所得税・住民税の前払い

 

 

※所得税や住民税の

控除対象として金額分戻ってくる仕組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自治体から返礼品がもらえる

2000円以上のものが用意されていることが多い

(定価ベースでだけど)

 

※控除で帰って来る、前払い分は一旦無視して

単純持出分の2000円を基準に考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カ所以上に申込すると

確定申告しないといけない手間が増えるので

カ所以内に収めておきましょう

※同じ「〇〇県△△市」に3回申込は

「1カ所」カウントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常

確定申告する人

・自営業

・不動産収入がある人

・副収入が20万円以上ある人

・会社員でも給与所得が2,000万円を超える人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今だとスマホで個人情報登録できるので

免許証・マイナンバーカードを

コピーを用意しなくてイイ自治体がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄付する人(ふるさと納税する人)

控除の人が名義が違うとミスる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【失敗例】

奥さんが

旦那さん名義のクレジットカードで

ふるさと納税

 

 

 

 

決済者(カードの名義)本人でない奥さんは

控除に必要な「寄附金受領証明書」が有効になりません。

 

 

 

 

 

 

これは、

スマホが得意な子供さんにやってもらう

というのもリスクが高いパターンです。

 

 

 

 

 

 

納税ルール を知らない 子供

スマホ操作 をしたくない 親

 

 

 

 

 

 

 

このパターンで

起こりそうな事故です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

操作をやってもらうならば

キチンと

一緒に

 

 

・カードの名義

・端末の所有者

・税金を納めている人

(控除を受ける対象者)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一致していることを

ケンカせずに

仲良く取り組んで頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい

仲良くない家族がやると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートフォンなどの手続き代行などは

 

親子喧嘩の元になりかねないので

 

そういうご家族にはオススメしません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときは

迷わず

名新パイピング

総務課 ふるさと納税対策室

にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ふるさと納税対策室 は

当社 社員向けのサービス機関です。

 

未来の社員も相談可。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから