MENU

BLOGブログ

日常

みつばちの話

2021.12.24

キッチンの天井にみつばちを見つました

 

 

 

 

足も長くなければ

ゴッツいアゴでもなかったし

 

 

 

 

丸い目に

 

 

ホワホワした
マフラーもしていたので

 

 

 

まぁ

 

 

 

みつばちでしょうね

 

 

 

 

 

というコトです

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋も寒くなって参りまして

という生き物は

 

 

平熱が36℃で人と一緒です

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

強い、怖いとされるスズメバチ

ミツバチ

 

 

を食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチはスズメバチに

ただ食べられるだけ

 

 

いうわけでなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂球という

チームプレーで

スズメバチを倒します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は

テレビなどでも

よくやってたりしたので

見たことある人も

居るかも

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂がめっちゃ群がって

おしくらまんじゅう

する

アレ

 

 

 

 

 

 

 

 

人間からしてみれば

蜂がめっちゃ群がって球になってて

怖い、気持ち悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

と思うかも知れません

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、あれは

ミツバチ達の連携技

蜂球

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂球の威力は

 

 

 

5分で

 

 

 

温度:46℃

湿度:90%超

CO2濃度:4%
(二酸化炭素)

※人の呼吸は3.6%の二酸化炭素が排出される

 

 

 

 

この3つの条件を整える

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの効果は

 

 

温度:46℃ = 暑い

湿度:90%超 = 苦しい

CO2濃度:4% =致死温度を下げる
(二酸化炭素)

 

 

 

 

 

特に

二酸化炭素濃度は

酸素を減らして

 

 

 

 

 

 

 

窒息させるもの

 

かと

 

思ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

致死温度を下げる効果があり

46℃で

絶命させる

 

 

 

補助効果だった

という論文も出されています

 

 

 

 

 

 

 

 

スズメバチも

温度だけで絶命させようとすると

50〜51℃が

致死温度だったかと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

それを

おしくらまんじゅうにより

 

 

 

 

 

 

 

 

通常環境より

高濃度の二酸化炭素

ぬくぬくによる湿度

モコモコによる温度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この合わせ技を駆使して

5〜10分程度で

スズメバチを撃退する訳です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが

スズメバチは

絶命する時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もれなく針を出して

亡くなるそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物は

自分が生きる為に

他者を傷付ける

武器を持っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

生きる為に

捕食するから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は捕食されないので

心や思想を持ちます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家に来ていた

ミツバチは

寒いせいか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛ばずに

天井をウロウロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜には床に居て

顔を拭いてました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティッシュで

包んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外に逃してあげましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母には

潰せば良かったのに

と言われましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな母が

先日脳ドックで

要検査となり

※多分問題ないやつ、とは言われたそうですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと、

考える機会があったから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチを逃したくなったのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチについて

詳しくはありませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気のない様子でしたし

冬を越すこともないかも知れません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも生きてくれたら

何故か

そう思って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティッシュで包むときも

抵抗もしなかったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチとしても

悪気があったわけではないんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯物に付いてきたのも

何かの縁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ばかりは

見逃して

そのミツバチにも

良いことがあるといいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチって

働き蜂ともいいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ってる人に

幸あれ

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから