MENU

BLOGブログ

日常

社会の正解を教科書は教えてくれない

2021.12.07

クレーム対応の見本

 

 

 

 

 

大手の某 運送屋さん

12:43 ホームページより問合せ。
12:52 実に9分で入電。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのスピード感に

素晴らしいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その内容と言うのが

クレーム

ではあるのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手さんで 迅速なご連絡して頂けるなんて

見習わないといけないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せの原文 を参考までに

 

 

===============

当初、〇月×日(△)着荷の荷物が未着。

〇月×日(△)に出荷元が御社(〇〇運輸 〇〇店様)へ出荷の確認を実施したところ、
〇月×日(△)に出荷、〇月☆日(□)AM着をお約束頂いたそうです。

現在〇月☆日(□)??:??時点で発店にあるとのこと。

明日の工事で使用する部品のため、
このあと工事中止の手配を進めることとなりますが、
出荷元と御社とのやり取りが事実の場合。

諸々ご対応を相談させていただく場合があるかと思います。
予めのご連絡とさせていただきます。

交通事情やその他要因は、考慮すべき部分と思います。

しかし
「出荷をする」とお約束頂いた旨、出荷元より報告を受けており
「出荷をしていない」事実が確認できたための問合せです。

===============

 

 

 

 

 

 

現在、現場を確認中とのことですが

ほぼ間違いなく

ソコに「ある」でしょうね

※結果、ソコにあったんですけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

離れていることもあり

相手方の事情を汲み取ることが

なかなかできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると

人道的な事情があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜそのようなことを

考えられるかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社のGoogleマップの口コミを

見ていただけるとわかりますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

騒音を巻き散らす

迷惑な会社

というお言葉を頂いています。

 

伏してお詫び申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その点に関して

一社員としても

大変申し訳ないと思っております。

※諸々対策もさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

その頃の残業で作っていたものは

災害復興のための配管だというコトは

きっとご存知ないと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害復興だからと言って

うるさくするな!

 

という

ご意見についても

そのような価値観もあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、地球規模で多様性が叫ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を助けるためが、全て正義ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らない人が

道で

血を流して倒れていても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が通る道だからドケ

と言われる方も

 

 

法さえ侵さなければ

認められる?世の中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話を戻して

 

クレームの話の結果です。

 

12:43 ホームページより問合せ。
12:52 実に9分で入電。
13:13 具体的な解決策の提案により一件落着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分ジャストで

クレーム対応頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様に

ご意見を頂戴したら

ご指摘に感謝するとともに

迅速に対応する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな精神性で

仕事して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから