MENU

BLOGブログ

日常

フィルターを掃除する人は居るか

2021.12.01

フィルターを掃除する人は居るか

というお話をします。

 

 

 

 

 

 

みなさんは

家のエアコンや空気清浄機、換気扇でも構いません

 

フィルターの掃除

 

したことありますか?

 

 

 

 

 

 

いつもしてくれている人に

任せっきりになって

いませんか?

 

 

 

 

 

 

12月に入り

残り1ヵ月

今年はホントなんも無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

パッとしなかった当社

仕事をつまらなく感じた人も

多かったのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーバーワークに気をつけて

わたしが入社した頃

営業部長からよく声をかけてもらいました。

※マジです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は特に

頑張っている人がバカを見た一年でしたね。

※あくまで個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は色々ありますが

本気で語り合える場所を作りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人さんが読んだら

超絶センセーショナルなこと

書いてますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドン引きせずに

読んで頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年

わたしの相方になってくださる方も

入社してくれそうですし

※笑ってくれてると信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しフォローしておくと

そんな逆境にも負けない

メンバーが複数人いることも幸せなことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをいかに結集させるかが

私の部門の仕事なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※先日、いつも相談している先生に

「使命を全うしなさい」と叱られまして 笑

笑いつつも、ちゃんと反省してます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻しまして

フィルターを掃除する人は居るか

という話の真理について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が

気にかけてない部分を

気にかけて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の代わりに

手を入れてくれる人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナタの居る組織、家族、に居ますか?

という話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運の良いリーダーや

運の良い経営者は

眼の良い採用担当は

 

 

 

 

 

 

「フィルターを掃除する人」を

引くことができますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に

運の悪いリーダーや

運の悪い経営者

眼の悪い採用担当には

引くことはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

運良く

フィルターを掃除する人を

引けたとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーや経営者が

その価値に気付けなければ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに宝の持ち腐れ

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルターを掃除する人を

居なくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似たタイプで

大切にすべきキャラクターは

便器を掃除してくれる人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーが掃除している

素晴らしいチームもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのリーダーに

自分が代わりにやります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言える人が

フィルターを掃除する人

のタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2人は絶対に手放してはいけない。

 

 

この2人が辞める会社に

 

 

 

運は向きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運は必然

 

 

 

貴重な人が辞める

 

 

 

これには必ず明確な理由があり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は

大切にしていないから

 

ただ一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が大切にするか

上司や社長だけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間であるとか

お取引先さんであるとか

お客様であるとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を大切にしない人から

人は離れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで

大切にしないのは

会社ではなく

であるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社という建物には

残念ながら

人格はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社名の入った看板も

会社名以外語りません。

※たまに歴史を語ってくれたりはします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

新人さんであろうと

ベテランであろうと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ社で出会った人なのだから

 

家族や恋人の次に

 

大切に思ったっていいんじゃない?

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから