MENU

BLOGブログ

日常

警察のお客様は〇〇〇?

2021.11.29

警察は犯罪や事故がなくなると存在価値を失くす

建設業における安全管理部門も近いものがある

怪我や病気が無くなると病院が要らなくなる

 

 

 

3つ事例を挙げてみましたが

 

 

 

全て

 

 

 

人が求めるもの

人が対処するもの

 

 

 

人ではない何か(出来事)に

直面している人を

 

 

 

その問題に直面していない人が

 

 

 

ノウハウを持って

解決に当たる

 

 

 

ちなみに

解決する機関にも

それぞれ

イイ人とワルイ人が居ます。

 

 

 

 

 

ここで言う

イイ、ワルイ

その人の価値観に合わせられる人かどうか

という尺度で

話をしていきます。

 

 

 

 

 

 

例えば

警察に然り

建設業の安全担当に然り

医師、看護師に然り

 

 

 

 

 

ある一定の

権力と発言力を

与えられて居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの機関で

ワルイ人は

だいたい

エラそうな態度を取ります

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

人の意見を聞く必要が無い

 

 

 

 

 

 

 

 

人の意見を聞かなくても

困らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に

自分が困らなければ

何もしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがエラそうな人

共通点とも言えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で

イイ人は

他人の価値観を知ろうとしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

親身に話を聞いてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に偉い人は

話を聞いてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名な人や先生は

惜しみなく

質問をしたら

答えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業を受けているから

生徒だから、答えてもらえる

先生だから、答えるべき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に

そんなワケないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いたら答えてくれるのが

当たり前と思っていたら

大間違いで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えてもらうために

丁寧に振る舞う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えてもらうために

人の話をしっかり聞く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本ではありますが

大人になると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん忘れがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近出会った

横柄な中小企業診断士さんは

 

 

 

 

 

 

 

駅に迎えに来て当たり前

私がこんなところに来るのだから

迎えがあった当たり前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場を視察する時も

イントゥ・ザ・ポケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でも聞いてください

言われたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤイヤ作った質問

〇〇はこのように記入したらよいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

にも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せは

ホームページのココに電話してね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が学生時代に

中小企業診断士を志した時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恩師が私に

コンサルタントには成るな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言いました。

その後、20年くらい経つでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営コンサルタントとは

違う形で

コンサルディングの真似事の様な事を

様々な産業で経験してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業というのは

泥臭いことをしないといけない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサルタントは

机上で行う商売だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業の中に入って

汚いものにも

手を突っ込んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が体験、経験したことを

自分のノウハウとして活かして行くように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱いハートと冷たい頭を持つように

恩師から受け継いだ

今でも忘れない言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから