MENU

BLOGブログ

日常

MRIから学ぶこと

2021.11.24

人生2度目のMRIを撮って来ました。

 

 

 

 

 

CTではなく

MRIです。

 

 

 

 

 

簡単に説明すると

CTはX線

いわゆる放射線というものです。

 

 

 

 

MRIは電波

電子レンジと思ってください。(ホントはダメです。)

だから金属のものを持っていると

レンジ20分00秒 の状態で

アッツ!てなりますのでご注意を!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

プロからしてみると20分って書いてあるので

頭部の撮影したんだなってわかります。(コナンくんみたいでしょ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大病院で撮影されてCDを受け取りまして

かかりつけ医に渡してください

と言われたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこにも開封厳禁など

書いてないので

 

 

 

 

 

 

 

 

病院に提出する前に

パソコンに入れて見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにがスゴイって

医療業界でデータを閲覧するソフトは統一なのか?

 

 

 

 

 

 

 

と思っていたら

アプリごと入っていて

 

 

 

 

 

CDを読み込んだら

普通にお医者さんがみるような

頭部の画像がギッシリ入ってました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この技術

建設業界にも欲しい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

設計したソフトに合わせて

下請の我々が色々なソフトを購入したりするわけですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これなら

誰でも、気軽に再生(閲覧・編集)できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集できるというところがステキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療業界から学ぶことは多いなぁ

特に当社の配管は

工場の血管を作ると形容しますが

本当にそうなんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

バイパス手術は

配管のバイパスと考え方は全く同じですし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテーテル的なものは

拡管技術に近い考え方もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が一度使ってみたいマジックジョイント

喉を詰まらせた人の

喉に管を挿すやつに似ています。

※これは手術的にあるかは知りません。すみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから