MENU

BLOGブログ

日常

パーパス経営と会社というもの

2021.11.23

【オンライン開催】
第132回TIP*Sワイガヤサロン
「パーパス経営はポストコロナ時代の企業を救うか?」

 

 

単発のオンラインサロンに参加してきました

 

 

 

 

 

 

各産業の経営者
大手メーカーの管理職
中小企業診断士
経営コンサルタント
書籍の執筆者

 

 

 

 

 

などなどバリエーションに富んだ
みなさんと
パ―パス経営について
お話させていただきました。

 

 

 

 

 

 

パーパス=目的

が直訳ですが

 

 

 

 

解釈として

パーパス=存在意義、志、志本主義

 

 

 

 

 

 

とする

会社経営における考え方で

儲けや、効率だけではなくて

 

 

 

 

 

 

 

なぜその仕事をするのか

なぜ我々の会社は存在するのか

 

 

 

 

そこをポイントにした会社経営が

これからは流行りになるという

 

 

 

 

 

 

ホントかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、

やりがいは何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という質問を頂き

「やりがいなんて考えて仕事してません」

と答えてしまいましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりがいを語る人には負けたくないという

プライドは持って働いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ

やりがいの定義は

物事に対する、充足感や手応え

だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・うーーーん

やったった感

(他社さんや他の人ではできないウルトラC)

仕事したい人と仕事すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というワケで

やりがいございましたーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問してくださった方

伏して、お詫び申し上げます。

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は戻ってパーパス経営

それが在ってイイコト

・判断基準が明確になる

・経営者が新しいことに取り組む際

納得感のある理由づけになる

 

他にも、出てたような気もします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体例としては

「お客様を感動させるサービス」

というパーパス(存在意義、目的)があったとして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A:商品の値段を下げること

B:商品に付加価値を与えること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらがパーパスに沿っているか

 

「お客様を感動させるサービス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

値段を下げることで感動を与えるサービスも存在します。

名古屋 名物 250円弁当は感動しましたし

マックのハンバーガー50円も感動しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

そのお店やサービスは

今はもう無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言うことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディズニーランドやUSJ、映画が

無くならないのは

感動させるサービスがあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感動ということを

人は求めているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、私は存在するのか

なぜ、今の会社で仕事をしているのか

なぜ、そのサービスが必要なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の存在意義を考えると共に

自分の存在意義を考えること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見つけられなければ

身近な人の

身近な会社の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在意義を考えてみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の経営者、従業員関係なく

全員が他社の方とお話するときに

パーパスを即答できる人の集まりで居たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社って

読んで字の如く

社で会うって書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなに会いたいから

そこに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが会社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の決まりでどうの

会社がこういったからどうの

会社って誰なんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の会社をはき違えている人が多い

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから