MENU

BLOGブログ

日常

HEY!CALL ME!

2021.11.17

相手の話を聞くことは大事です。

 

 

 

 

とはいえ

聞くこと

 

をキチンと整理して理解すること

 

 

 

自身の学びの深さを

測る目安にも

なります。

 

 

 

 

 

 

聞く

について

5段階で理解していきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

聞く力

レベル0

まったく聞いていない

 

 

具体例

自分が次に言うことを考えている(営業さんはやりがち)

あーはいはい(夫婦間や親子間で喧嘩になるやつ)

 

 

 

 

結果

相手に不信感を与える

普通に嫌われる

 

 

 

 

コメント

よくないですよ

 

 

 

 

 

 

レベル1

話を判断しながら聞いている

 

 

 

具体例

〇・×

正しい・正しくない

の自分の考えを決めながら聞いている。

(自分の基準で聞いている)

 

 

 

 

結果

知っている情報と判断すると聞かなくなる

この人は、あの人と似たタイプと判断する

 

 

 

 

 

コメント

知ったつもり、自分が正しいと思わないように

はい、心当たりがあります。

 

 

 

 

 

 

レベル2

相手の言葉をそのまま聞いている

 

 

 

具体例

オウム返しを覚えると、このレベルまで持って来れます。

 

 

 

 

 

結果

一応、お客さんと一定のコミュニケーションが取れ始めます。

 

 

 

 

 

 

コメント

最近、このレベルのヘタクソが増えました。

ミラーリング(相手と同じ言葉や仕草をする)という技術が

比較的メジャーになってきたのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

鼻につく話し方をする人は

これがホントにヘタクソです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベル3

相手の背景・意図・信念を想像しながら聞いている

 

 

 

 

 

具体例

なぜ、こんなこと言ったのか

どのような考えの人なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

短期間で信頼関係を築ける

※相手の価値観を理解する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベル4

相手の感情を共有しながら聞いている

 

 

 

 

 

 

具体例

相手の感情を自分にリンクさせる

※全然具体例じゃない

 

 

 

 

 

 

 

結果

自分と相手の境界線が無くなり

相手目線になりすぎて

自社よりもお客さん寄りの考え方が強くなったりします。

 

 

 

このレベルは恋人関係や家族など

プライベートで発揮するとよい

レベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結論

仕事ではレベル3を維持しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用・参考:究極理解:「聞く力」でビジネスの9割はうまくいく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書いてみたものの

 

統一感ない内容で申し訳ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから