MENU

BLOGブログ

日常

損してトク取れ

2021.11.15

損して徳取れ

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が損をしても

人の役に立つことをしていたら

協力してくれる人が増える

 

 

 

 

 

人徳が積める

 

 

 

 

 

人徳は

「その人」が持つ「気質や能力」

 

 

 

 

 

要素として

「性格」
「言動」
「行動」

があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その要素から

人は人に

好意や嫌悪感を

抱く生き物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦労は買ってでもしろ

という教えは

現代の考え方ではないのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

自分がしたくないものや

嫌いなものに

率先して関わるコトで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと

好きな事だけしている時の

自分よりは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発見も多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

損して徳取れ

を調べてたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

損して得取れ

ばかり出てきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

目先の損はしたとしても

未来で大きな得をすればいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という考え方だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には

これこそ古い考え方で

昭和のバブル期であれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の案件でお返しします

 

が挨拶代わりだったのでしょうが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代は人情もクソもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世代も変われば

 

親が受けていた恩も知らず

 

平気で老兵を切り捨てる

 

若き世代の王様が台頭します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかというと

今を大切に

今に感謝をして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶望の淵に

経っていると感じていても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見守ってくれる人や

手を引いてくれる人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を引くべき人は

周りにいるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は

暗くて見えにくいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光があるから

大切なものが見える人ではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光がなくとも

大切な人達を見失わない

眼を

視る力を身に着けていきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それには

が必要です。

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから