MENU

BLOGブログ

日常

繋がる拡がる響き合う

2021.11.09

ZOOMさんを主で利用しているものの

 

 

 

 

 

 

 

 

音声に関しては

・LINE通話
・whereby(ウェアバイ)

この二つが良い

 

 

 

 

 

 

理由として

昔の衛星中継のような

映像と音声のタイムラグが無く

タイミングを気にせず会話ができます。

 

 

 

 

 

ZOOMは使う人のスキル次第で

同時に話し始めて「あっ」

というのは

防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン慣れした人でさえ

初対面だと

呼吸が合わずに

同時に話しかけてしまうことも

発生します。

 

 

 

 

 

オンライン系だと

TEAMS

Google meet

Calling

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスでは使われませんが

Discord

パラレル

 

というゲームVCツールも試したことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう

ここでいうVCは

ボイス・チャットの意味で

 

 

 

ゲームVCと言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネス界隈で

VCと言ったら

ベンチャー・キャピタルを指しますね

 

 

 

 

ベンチャー企業への投資を専門とする

投資会社のこと。

 

 

 

 

 

 

ベンチャー企業とは

失敗のリスクもあるけど

新しいことに挑戦する

小規模の企業を言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブVCは

ビジュアルコーディネーター

を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WEB上での「見た目」に関するお仕事

撮影や編集、ブランディングなどなど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

流通業界でいえば

ボランタリー・チェーンを指します

 

 

 

 

 

 

 

 

同業種の小売店が

各店の独立性を維持しながら、

仕入や広告など

営業活動を共同で実施する組織。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社のビジネスモデルは

これ(ボランタリー・チェーン)

に近いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デジタル業界で言えば

バーチャル・チャンネルと

解釈されることもあるでしょう

 

 

 

これは仮想回線の事を言います。

 

実際は1本の通信回線に

 

仮想的に複数の回線を構築して

 

 

 

同時に何人もの相手と送受信させたり

通信方法を混ぜたりして

通信効率を上げるのが目的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一口にVCと言っても

相手の属性によって

通じる通じない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意味の取り違えが起きやすいので

略称を使う時は

自分の世界観だけで考えずに

ちゃんと正式名称を伝えるようにして

略称が

共通言語になるように工夫が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業界ごとの5つのVCでした。

ベンチャー・キャピタル

ボイス・チャット

ビジュアル・コーディネーター

ボランタリー・チェーン

バーチャル・チャンネル

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから