MENU

BLOGブログ

日常

爪と爪を合わせて詰め合わせ~

2021.10.31

核燃料物質等貯蔵取扱届を書いています

 

 

 

 

 

 

まさか

核燃料物質等の届出を

書くことになるとは

(((;゚Д゚)))ブルブルガクガク

 

 

 

 

 

 

 

そんなものを

わたしに書かせちゃ

ダメ ゼッタイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はですね。

当社でも扱っている

溶接用のガスボンベ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを

在庫している

使っている

ことについて

届出が必要な訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というワケで

工場に行って

ボンベの種類と数量を

確認ついでに

提出書類を仕上げちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

核といえば

英語で

nuclear(ニュークリア)

というんですけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、

nuclear device

(ニュークリア ディバイス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って曲がありましたね

※知っている人が居たら

まーまーコアなテクノ好き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルは

derler&klitzingというアーティスト

nuclear deviceという曲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中まで聞いていくと

ニュークリア ディバァアィス

ってイイ声で言われますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながら

事務所では本日レゲトンがかかっており

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルタイムで進行している

東京チームの会議が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料をZOOMで

オンライン共有しながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアル会議をしてるのを見ながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

核の届出を・・・

※意味変わって来る!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても

東京支店長の掲げる

自身を入れたメンバー全員の

個人行動目標が

素晴らしいなと思いつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本社は誰がやるの?

誰もやらないね(わたしも含めて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々の当社は

スタンドプレーから生まれるチームワーク

がウリだと思っていましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京チームは

最初からチームプレーを意識して

一年間続けて来たようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今残っている東京メンバーは

どこでも通用できる人ばかりだと

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安や不満を

押し殺して

自分よりも他人を優先して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自力で行動している

魅力的な人ばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に自分を捨ててまで

働くことをオススメはしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近聞くセリフで

責任が取れないので

という人が居られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断言します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人が責任を取ることは

一生ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

責任というのは

 

 

 

自分の決断に対して

責任を取ることであって

 

 

 

 

 

他人に与えられたことに対して

責任を取ることなんて

 

 

 

 

 

 

 

 

ないんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中

他人に与えられたことに対して

責任を取ること

をする人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

誰かを守るために行っていることで

誰かを守らない行動に

意味なんてない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

オリンピックの大赤字

誰が責任を取るのか

 

知ってる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ

国家レベルの

スーパー大赤字でも

誰も責任取りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無責任になれとは

決して思いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

保身を優先する者に

未来があると思うなよ

とだけ思っています。

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから