MENU

BLOGブログ

日常

自動販売機の気持ちになってみた

2021.10.30

LTVとは「Life Time Value」の略
(ライフ・タイム・バリュー)

 

 

 

 

 

漢字で書くと

顧客生涯価値

 

 

 

 

 

 

 

とあるお客さんと、

取引を開始してから

終了するまでの間に、

 

 

 

 

 

 

 

自社に対して

どれだけ利益をもたらしたか、

収益の総額を算出するための指標

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたい事の一つ

お客様はその1回きりの商売ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは自動販売機です。

 

 

そんな、わたしから

100円のコーヒーを買ってくれた

お客さんがいたとしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのお客さんは

100円のお客さん

でしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは

違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのお客さんは

男性で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決まって17:10くらいに

わたしのところへやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100円を入れると

ホットのブラックコーヒーを飲みながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぶっていたヘルメットを

パチンと外して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し汗ばんだ

それを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脇に抱えて

ため息をつきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため息は

決してネガティブなモノではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も無事に

仕事が終わったことを

わたしに知らせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしにとって

そんな彼の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LTVこと

ライフ・タイム・バリューは

 

LTV=購買単価×購買頻度×契約継続期間

・仕事終わりの100円のコーヒー
・月・火・水・木・金の5日
・1年間

LTV=100円×5日/週×1年間(12カ月)

 

※1カ月を4週として計算します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LTV=100円×20日/月×12カ月

=24,000円/年間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

わたしにとっては

24,000円のオトコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は自販機に扮して

語ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを踏まえてLTVの使い方は

・新規の営業の仕方を、決めるとき
・どこにお金を掛け過ぎか、探るとき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に役立てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【理想的な形】

LTVが

下の二つの費用より、高くないとダメ

 

 

 

 

 

 

・新しいお客さんと取引するための費用

・リピートのお客様へかける費用

 

 

 

 

 

 

逆転していたら

こんなことが起きているカモ?

 

 

 

・購買単価:安い

・購買頻度:あんまり使ってくれない

・契約期間:短い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・顧客獲得費用:チラシ作りすぎ

契約決めれなさすぎ

新商品ばかり作りがち

ノーアポ、飛び込み大好き

 

 

 

 

 

 

 

 

・維持費用:通いすぎ

接待しすぎ

なんでもかんでもお金で解決しすぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業の仕方(業務改善)を考えるときは

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは会社のどこに

一番お金がかかっているかを

理解すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の対応しているお客様の

LTVを意識しながら

お付き合いの仕方を考えることが

大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様を

より大切にするための手段として

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数字を用いて

自分の行動の指標にすることは

悪いことではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから