MENU

BLOGブログ

日常

結婚はルールで祝うモノじゃない

2021.10.29

会社で決めている結婚祝金は
勤続年数に応じて金額が決まっています。

 

 

 

 

 

 

従業員一人につき
在職期間中1回という制限付きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんはどう思うか

(書き方で印象も変わりますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは何を目的としているのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つの仮説を立ててみた

①従業員が喜ぶため

②従業員が安心できるため

③規則として一般的だから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①従業員が喜ぶため

「喜ぶ」という点において

A:数万円お金をもらう

B:すべてのスタッフが「結婚おめでとう」と言ってくれる

C:会社でパーティを開いてくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれか一つを選ぶとすると

Aが一番喜ぶような気もしますが

本当にそうでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

10万円もらえます

嬉しい

10万円何に使おう・・・

(゜-゜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出としては

貰ったお金で

何に使った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の「何に」が

記憶に残ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の規則で

確定でもらえるお金を悪いとは言いませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が誰を喜ばせるために

している事なのか

 

 

 

 

 

 

受け取る側も

当たり前の権利

として受け取るのではないだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たしてそれは

人として豊かな考え方なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B:すべてのスタッフが「結婚おめでとう」と言ってくれる

 

人数が増えれば

自然にできるなんて

ありえないと思っています。

 

 

 

 

 

 

「すべての」だからです。

 

人数が増えれば増えるほど

人間関係が希薄になる。

 

これは自然のコトです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな私自身も

社内の人よりも

社外の人と

お仕事をさせて頂く機会も多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自組織という視点でみたら

社外がほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

社内の普段コミュニケーションを取っていない人を

大切にしたい

 

 

※社外の人も、めちゃめちゃ大事です。

 

 

 

 

 

 

 

少なからず

自分は

「おめでとう」を伝えられる人

で居よう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おめでとう」を言うには

相手が必要。

 

 

 

 

ハッピーなお知らせを教えてくれる人

ハッピーなお知らせを伝えてくれる人

 

 

 

 

 

 

が不可欠です。

 

 

 

 

 

 

それは普段からの

人付き合いの仕方

が重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日

協力会社の社長さんに

お祝いを頂いていた

ウチの営業さんが

 

 

 

 

 

 

 

 

お返しの品を取り寄せていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞くと

その協力会社の社長さんも

ご結婚されたばかりだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お返しの品物選びも

気を遣わせないもので

新婚さんが喜んでもらえるもの

相手の奥さんが喜んでくれそうなもの

 

 

 

 

 

 

 

 

という思考で

品物を選んだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま、

受け渡しの瞬間を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモート会議しながら

窓のスキマから

見る事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人とも照れ臭そうでしたが

優しい笑顔で

受け渡しをしている姿に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が喜ぶって

感動することであり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当事者ではないわたしも

感動する1コマでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C:会社でパーティを開いてくれる

個人的に、これはイヤ。

そのお金あったらください。

なんなら、みんなに配ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②従業員が安心できるため

そんなんで、安心はせんじゃろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③規則として一般的だから

マジで、やかましい。

だったら、一般的な企業でやってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の通った

会社を作りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思う、今日この頃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの口が言うねんと思った人へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなアナタが好きですよ...笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから