MENU

BLOGブログ

日常

誰が為に研鑽に励む

2021.10.28

誰が為に研鑽に励む
タガタメニケンサンニハゲム

 

 

 

 

 

牙が抜けたと言われまして

そういわれたのは

人生2度目

 

 

 

 

 

牙が抜けた

 

 

という表現としては

大人しくなった

丸くなった

という意味で使われることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

牙があるからと言って

誰にでも

噛みつく

訳でもありませんし

 

 

 

 

 

 

 

噛みつく

こと自体減ったというのは

確かにあるかもしれません

 

 

 

噛みつく

という表現自体

 

 

 

歯向かう

反抗的な態度をとる

に近しい表現です

 

 

 

 

 

実際にやっていることとしては

人が言いにくい意見を言う

人よりも発言する

 

 

 

 

 

だったりもします。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

その表現をわかりやすく端的に伝えようとすると

過度な表現になることも多く

 

 

 

 

 

 

 

相手を困らせてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も

パワーハラスメントについての説明を

社会労務士の先生が

してくださったときに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立場のある人が(役職、社歴、年齢問わず)

目下の人に向けて立場を利用した発言

自分の意に介さないとして無視すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワーハラスメントになる

と教えて頂いた時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

相手から一つでも

目上要素があれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰しもが

加害者と言う名の被害者になる訳ですね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と尋ねてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の意に介さない

会社を良くするための正義だとしても

 

※「良くする」は

個人的な価値観による

個人的な尺度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が例え周りの共感を得られたとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が「やる気が無い」という

主張をしていたとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからといって

「仕事をお願いしない」ことをして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気のない人が不服

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言えば

やる気のない人が勝つし

それが正義である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが今の日本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に迷惑を掛けたり

人のやる気を下げるために

牙を研いでいるわけじゃない

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから