MENU

BLOGブログ

日常

何をしているの?

2021.10.26

職人さんに

 

 

何をしているの?

 

 

と話しかけてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしているの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・レンガを積んでいるんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしているの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・壁を作っているよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしているの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・お城を作ってるんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは作り話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

 

同じ作業をしている

 

 

違う職人さんに話しかけた時を

 

 

想定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

 

同じ作業をしていても

 

 

返答が変わる

 

 

というお話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話は

 

どんな立場の

 

どんな職種の

 

人にも当てはまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

今の自分が何をしているかを

 

どのスケールで

 

考えるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンガを積んでいる

 

と答えた人は

 

積み終えた後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は何の仕事があるか

 

聞きに行ってくれるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁を作っていると答えた人は

 

屋根を作ることを

 

考えて作業を進めるかもしれませんし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くここの壁を作っちゃおう

 

と思っているかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お城を作っていると答えた職人さんは

 

 

お城に出入りする人をイメージしたり

 

 

攻められた時に破られないように

 

 

頑丈な壁にしよう

 

 

なんてことを考えているかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じことをしていても

 

自分が何をしているか

 

 

どのように回答するか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物の見方や

 

考え方

 

工夫するポイントが

 

変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな話をすると

 

お城を作っているんだよ

 

と答えた方が一番いい様に

 

受取がちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俯瞰(ふかん)して物事を捉える

 

 

客観的な視点で考える

 

 

引いた視点を持つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々言い方はありますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの答え方でも

 

 

その人の居場所は必ずあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今回の話は

 

 

今は

 

 

どの職人さんに近いな

 

 

程度に考えてほしいということと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話を聞いた後

 

 

 

 

どの職人さんのように

 

 

 

答えられるようになりたいな

 

 

 

など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の考え方と

 

向き合う機会のキッカケになれたら

 

良いなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこと考えたことありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

・好きなことを仕事にする

 

 

・出来ることを仕事にする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらが良いのだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は

 

 

 

 

 

先ほどの「物事の見方や捉え方」を意識しつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・好きな事を仕事にするか

 

 

・している仕事を好きになるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2択に切り替えて考えてみるのは

 

どうでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じことをしていたり

 

同じ問題で悩んだとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し見方を変えてみたり

 

 

似た人を客観的に見ることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今居る世界を一変させられるかもしれません。

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから