MENU

BLOGブログ

日常

看板が無いと営業できない人がすること

2021.10.21

どストレートに表現すると大手の営業さんが怠るコト

 

 

 

 

 

 

下準備の仕方が違う

 

 

 

 

 

 

間違っている

 

 

 

という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

トークの冒頭から

看板で煽ってくるスタイルの営業さんは

 

 

 

 

 

 

 

来社人数も伏せて来られるので

1名用で応対準備していたら

大人数で来られたりします。

※もはやそれノーアポと一緒じゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ

だからリモート断ったんだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってくれたらいいのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提案内容も

WEB管理システム

リモートデスクトップだったり

今更・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモートデスクトップは

AnyDeskやZOOMで

無料で、

できますからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても遅れてるなーー

という印象です。

※ブログ見てくれたら、DXの定義も載せてるんだけどなぁ

ま、それは私の単純な力不足ですね

 

 

 

 

 

 

とはいえ

わたしの価値観や世界観の話しであって

そのやり方やそのサービスの需要があるから

そうしている

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う部分は

わたし自身が受け入れて理解するべきこと

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

当社規模の会社さんに対しては

有効な営業手法であり

有効な提案内容である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと分かりやすく言うと

最先端を売り込む必要は無く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iphoneを知らない人に

iphone13(現行最新モデル)を

勧める必要もなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iphone初期モデルで十分

だというコト

何ならネット回線無くても

売れるかもしれません。

※Wifi環境で動画見れる端末として売る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、転職活動をしていた時に

砥石の専門商社さんで聞いた話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安めのクレーム来ないレベルの砥石をオススメして

ヒアリングして

解決策として

高い砥石を提案する

という話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はわたしも考え方が若く

なんてお客さんに不利益な提案をする会社だ!!

という意見しか持てませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレーム来ないレベルの

という若干悪意が見える部分は

共感し難いものの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品開発や

商品のライフサイクルを

考えた時

 

 

 

 

リリースの調整はしますし

販路の戦略を考えるときは

例えば

お店で販売するモノだとしたら

 

 

 

 

①百貨店

②専門店

③スーパーマーケット

④ディスカウントショップ

 

 

 

 

 

の順に

リリースをしていけば

ライフサイクルは長く保てますが

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に

ディスカウントショップに売り込みしてしまうと

百貨店、専門店は

導入したがらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはプロでなくても

イメージできますよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違っていると

断言することも悪くはない

という自己肯定を持ちつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし

それが成り立っている現実も

実際に存在している

他者肯定もする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上で

その事実から

噛み砕いて、

気づきを得る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのが

現代の学びスタイル

かもしれません。

 

 

とはいえ最終的に

 

お話いただいた方と価値観が近かったので

 

前向きにお取組したいなと思ってます

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから