MENU

BLOGブログ

日常

会議に参加する価値は質問の数で決まる

2021.10.18

会議で質問をしない人は存在価値が無い

 

 

 

 

こんなことを言うと

 

 

 

ざわついたりします

 

 

 

 

一方的に、参加者側だけを言っているわけではなく

 

 

 

 

何か、質問ありますか?

 

 

 

 

 

と、

 

 

めっちゃ質問しづらい雰囲気を作り出す

 

 

主催者側にも問題がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

言っている私も

 

 

何か聞きたいことありますか?

 

 

 

 

という

 

 

 

 

 

ナンセンスな質問をしてしまうことが

 

しばしばあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ないです・・・

 

と言われて

 

そりゃそーよねー

 

 

 

 

って思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

本当に申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か質問ありますか?

 

 

の前に

 

 

1分間(3分でもいい)考えましょう

 

 

〇〇さんはどう思いますか?

 

 

●●について感想を聞かせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

① キチンと指名する(お願いする)

 

 

 

② 個人の感想として答えてもらう(客観的な正解・不正解を無くす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような工夫をして

 

 

まずは0→1を作っていきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに慣れて来たら

 

 

意見を言う

 

 

焦点を当てていきたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は

 

1→10を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対人関係のスキル(会議もその領域)は

 

をこなすことで

 

が向上します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※溶接の職人さんは

 

を追求していくと

 

速さが向上してくる

 

ということを工場長に教えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな成長論は一旦 横に置いておいてっと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかなるお話にも

 

初対面の方との打合せでも

 

必ず1つは質問して帰ってくること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代の恩師に教えられたことを

 

未だに守っている私って従順

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その真意は

 

相手に興味・関心を持ち続ける事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということなんだなぁ

 

 

 

会議では

 

質問の数が多い人ほど

 

価値が高い

 

というコトを覚えておいてください

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから