MENU

BLOGブログ

日常

「〇〇に言ったのに」はよく聞くセリフ

2021.10.17

社内外を問わず昨今の、いい加減な情報伝達は

大きな課題感があります。

 

 

 

 

 

 

例えば、

工事会社の登場人物

 

 

 

 

 

具体的な構造

① お客さん
② 工事の監督
③ 工事会社の社長、親方、リーダー◀主な原因はココ
④ 工事を実際にやる人
 

 

 

 

いい加減な情報伝達が起きる理由

 

 

・そもそも伝える気が無い
・記憶力が無い
・しっかり情報を受け取れていない
・電話、口頭で伝える
・文章で伝えない
・電話=早い=効率と勘違いしている
・電話=早い(でも長い)=忘れる=同じことを聞く(フリ)=メモを取らない=忘れる
・情報量が多すぎる
・イメージできる話し方ができない
・聞き手も情景をイメージできない
・文章力が低すぎる
・話が長すぎる(重要事項が埋もれる)
・情報伝達の失敗で起きる損失を理解できていない
・失敗に対して責任を問われない(自腹を切ることがない)
・確信の無い返事をする(確認せずにOKを出す)
・確認せずに返事をするくせに後から確認する
・確認しやすい時に確認する
・確認すべき対象者が話しかけにくい(高圧的など)

 

 

これはホントに

氷山の一角にすぎません。

 

 

 

基本的に

工事会社の社長さんや親方さんに

伝えることは

ほぼ100%

その下の人には伝わりません

 

 

 

 

 

 

 

 

伝わらないと理解しているにもかかわらず

工事会社の社長さんや親方さんに

伝え続ける方もどうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事会社の社長さんや親方さんに

言った事が伝わらない理由

 

 

 

 

 

 

 

工事会社の社長さんや親方さんは

最初から伝える気が無い

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

怒られないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

怒られたとしても反省しないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に

社長は偉い存在だと

認識している人が世の中には

たくさんいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

雇用を生み出していますし

責任を取る立場であり

誰よりもリスクを負う人なので

偉いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれ(偉さ)は

社会的な影響力の大きさに

比例すると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に

超絶無責任な人も多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライドも恥も外聞もない人が

リーダーシップをとっているケースも

非常に多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実損益をたたき出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

そのようなリーダーの居る会社が

実損益を被っているかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違っていて

無責任に、謝るだけ

(反省はしていないし、改善する気もない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和のビジネスシーンのキーワードは

信頼

だと言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼とは

実績だけでなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段のコミュニケーションや

細かい対応を維持すること

※例えば、時間は守るとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本があってこそ。

 

 

 

 

 

 

基本が出来てない人が増えてきたので

信頼が

時代のキーワードになっていると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今一度、

10を10で伝えられるコミュニケーションを

考えてみることが大事かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから