MENU

BLOGブログ

日常

働くということを語れますか?

2021.10.07

働くことは

傍を楽にすること として解釈する
(ハタ=周りの人々)

 

 

 

 

 

 

 

周りにお世話になっている段階では

働いているとは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

人の役に立ちたい

人を手助けしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

という志を以って

採用活動されている方と

多く出会います。

 

 

 

 

 

 

 

 

口では

素敵ですね

などと申します。

 

 

 

 

 

 

 

しかし

微塵も思っておりません。

 

 

 

 

 

 

※本音は、
社会人として、まだ生まれてませんね
です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭に述べた通り

傍を楽にして、

初めて

働くと申します。

 

 

 

 

 

 

働く時点で

人の助けになること

人の役にたつこと

 

 

 

 

生まれたら 息を吸って吐くと同じくらい

当然のことがら であり

 

 

 

 

それを表に出して

表現することは

 

 

 

さも良いことと

お思いの時点で

マインドが貧相にございます。

 

 

 

 

 

 

 

働くという字は

人が動く

人を動かす

と書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は、

狩猟をする時、

・自分で行う

・狩猟できる人に狩ってきてもらう(自分でできないから)

 

 

 

農作物を育てるとして

・自分で行う

・みんなで行う(いっぱいほしいから)

 

 

 

 

 

人が動く

人を動かす

 

 

 

 

 

 

 

 

こういったことが起源だったのでは?

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代の資本主義社会(お金が存在する社会)では

金を動かす(投資の概念)

こういった働き方をする人も居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

働く=お金(ごはんのタネ)を稼ぐ方法

と言い換えてもよいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言えば

これからはロボットや機械(AI)が

働くを人から奪っていく時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、

本気で

働くを考えないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近い未来

思考しない人の価値は

なくなるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働きましょ

 

 

 

 

 

 

言い換えて

 

 

 

 

 

 

人助け

人の役に立つことをしましょう

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから