MENU

BLOGブログ

日常

メモ書き 労働契約等解説セミナー2021

2021.10.06

厚生労働省委託事業 労働契約等解説セミナー2021を受けてのメモ書き

①労働契約法
②無期転換ルールについて
③副業・兼業について

 

 

 

 

 

 

 

①労働契約法

最高裁判所の判例の取扱とは

法律と同等クラスの判断

だから

判例は大事

実務では、参考にする

 

 

 

 

 

 

 

 

②無期転換ルールについて

 

無期転換ルールとは

1年契約の人が

5年間勤務完了すると

6年目に入るタイミングで

無期労働契約にして!(強制力アリ)

 

 

労働者から会社に言える

会社としては、それを拒否できない。

 

 

 

「無期転換申込権」

といいます。

 

 

 

 

 

副業・兼業

厚生労働省のガイドライン第二弾

厚生労働省ホームページからダウンロードできる。

 

 

 

 

 

 

 

2つの問題に当たる

・ルール作り(規定の使い方)

・労働時間管理

労働基準法38条がポイント

同じ日に
A社 で働く
B社 で働く

これは通算。

労働者の申告をアテにして

労働時間管理をしないといけない。

 

 

 

 

 

 

働き方改革「定義」クイズ(穴埋め)

労働者が「      」に応じた

「    」働き方が

「    」できる社会を実現する働き方改革

 

 

 

 

 

労働者が「それぞれの事情」に応じた

「多様な」働き方が

「選択」できる社会を実現する働き方改革

 

 

 

 

 

 

ワークライフバランスや働きやすい職場

①長時間労働の是正

②雇用形態に関わらない
公正な待遇の確保

 

 

 

労働法の意味

労働者を守るための法律

※その上で会社を守るためでもある

 

 

 

 

 

 

労務管理の基本

・労働基準法

・労働安全衛生法

・労働契約法

 

 

 

 

 

 

労働契約法

会社 と 労働者

のトラブルになったときに

判断ができるように

ルールを決めたもの

 

 

 

 

 

 

 

 

【個別労働紛争】

令和元年
27万9,000件

 

紛争の原因あれこれ

いじめ・嫌がらせ 25.5%

解雇       10.1%

労働条件引き下げ 8.4%

 

 

 

 

 

 

 

 

労使間で紛争が起こらない職場作り

が大事

 

 

 

 

 

 

 

 

③副業・兼業について

 

大手企業さんが

制限や対象者限定で

副業解禁が増えているそうです。

 

 

 

 

入社後3年目以降は副業・兼業可能

というルールの会社もあるそうです。

 

 

 

 

 

結局、労働時間の縛りがある以上

意味がわからない

 

 

 

 

 

 

ルールを縛りすぎると

みんなウーバーイーツやり始めた

実例もあったようです。

 

 

 

 

 

 

本業副業の管理は

本業が管理する必要がある

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

副業を頑張りすぎて

本業中に疲労で倒れたら

本業のせいにされる。

 

 

 

 

 

 

 

本業先の所定労働時間が8時間に近いか

 

 

 

 

 

 

8時間に近い場合は

管理モデル

 

 

もっと短い場合

原則の方法

 

で労働時間を管理すると良いらしい

 

 

 

それぞれの方法は

普通に理解できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が何のために管理するのか

 

 

 

 

従業員目線でいれば

会社が管理するのは当たり前

 

 

 

 

 

 

 

と思う人もいるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その管理にかかるコストは

自分たちが働いた

売上、利益から創出される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっというなら

管理にお金がかかるから

給料が上がらなかったり

ボーナスが少なかったりする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをよくよく理解した方が良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の人たちは

ボーナスもらってから辞める人達を

もっとしっかり恨んだ方が良い

 

 

 

 

 

 

 

仲間の利益を奪って

逃げるのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その思想が良いかと言われると

違うかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

普段からコスト意識なく

売上や利益を考えずに

働いているフリをしている

階層の人に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とやかく言われる筋合いはないと

個人的には思っています。

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから