MENU

BLOGブログ

日常

日本の中小企業の社長さんを2つのタイプに分類してみた

2021.10.03

日本の中小企業の社長さんを2つのタイプに分類してみました

 

 

 

 

 

一人社長

お金のために社長をしている人が多い

 

 

 

 

 

 

 

従業員数が多い企業の社長

何かを成すために、人の力を借りている人が多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

これは個人的な感想で

何の参考にもならない話

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どこかで

共感する人も少なくないお話

 

 

 

 

 

 

 

一人社長は未熟な人を受け入れられない

人を許せないから一人なのです。

※これは社長に限ったことでもないです。

 

 

 

 

 

 

 

自分で仕事をした方が早いから

未熟な人を批判する事で構ってほしい

未熟な人を批判する事で安心を得たい

 

 

 

 

 

 

 

などなど

無意識に、そういう行動取る人の

行動特性はどの業界も同じです。

 

 

 

 

 

 

残念ながら

わたしも人を許せないタイプの一人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力をする人の希少価値が高まっている昨今

昔って、努力をして当たり前

みたいに時代がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給与が最初の話と違うみたいな話が

出たとか出てないとか

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に仕事覚えます

出来るようになります

という嘘については

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に言っていたことと違う

 

 

 

 

 

 

 

 

には当てはまらないのだろうか

実に都合がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

残業を推奨はしていないし

休日出勤も推奨はしていない

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

めちゃくちゃ忙しい日に

バイト感覚でお休みを申請デキちゃう人は

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチ以外に

向いている会社がいっぱいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事中にYouTube見てても怒られない会社を知っていますし

仕事中に社内不倫する会社も知っています

※もちろん当社じゃありませんよ笑

 

 

 

 

 

 

 

 

価値観は人それぞれ

( ゚Д゚)ハァ?

 

 

 

 

 

って思う人も居れば

そんなことコーポレートブログで書いていいの?

 

 

 

 

という人も居ます。

 

 

 

 

 

 

要するに

同じ事柄を見たり聞いたりしても

 

 

 

 

 

 

 

 

人によって

反応は違うという話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログで書いたように

面接はアテになりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

努力する気もないのに

入社してきちゃう子もたまにいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

人に聞かずに

我流の無駄な努力をする人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘をついて

面接を突破してきた人もいました。

この人は言い訳をして

指示すらまともに実行しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜそれぞれが

そのような行動をとるのか

理解に苦しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で

こと就職活動においては

内定が出た会社が

良い会社に見えるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして入社してすぐに慣れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

就職活動の時の苦労など忘れて

企業をぞんざいに扱います。

 

 

 

 

 

 

 

クビになれば、会社が悪い

会社が悪ければ、退職します。

 

 

 

 

 

 

 

世の中

自分がカワ(・∀・)イイ!!生き物ばかり

 

 

 

 

 

 

 

現代では

同じ志を持った仲間を集めることは

冒険することよりも難しいのかもしれません。

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから