MENU

BLOGブログ

日常

ゴミがあったら、自ら率先して拾おう。

2021.10.02

現場にゴミがあったとき、自ら率先して拾おう。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、〇〇が出来ない?

以下略

今日中に報告して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クッソ偉そうなことを

発信しているのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが知っているであろう

企業の監督さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というような

炎上系ユーチューバーみたいなネタを

書きたい訳ではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言っていることは理解できる。

正しいとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

汗水流して働いている作業員さんの

倍以上の年収をもらっている

人の言い方か?と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※お金を稼いでいる人の方が

丁寧でしかるべき

と思って生きています。

(人格者で模範であるべきという観点です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこぞの良い大学を出て

数年頑張って

偉そうに振る舞えば

 

 

 

 

 

 

 

人が言うことを聞くと

お思いですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに比べて

当社のお客様は腰低く

 

 

 

 

 

お客様の会社も見回り不足は良くないと

非を認められた上で

(正しくは、お客さんの非では無い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとしている業者さんには

申し訳ありませんという言葉を添えて頂きながらも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業員さんも悪いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ズバッと伝えてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本件に直接的に関わっておりませんが

この伝え方に感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界にこんな方もいるんだな...と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場で片付けをしていなくて

お客様に不快な思いをさせるコト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業 全員のモラルの低さが

根本的な原因。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意してほしいのが

建設業 作業員 ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、わたしも含めた全員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界では

こういうクレームがあったときに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周知会をしましたという

ポージングのための緊急会議を開きます。

(になっていると個人的には思っています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

各社が各社のやったことを報告して終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ(周知会)の効果って、

・まじめにやっている人が足を引っ張られる

・残業が増える

・作業以外の職人さんの拘束時間が増える

・だから休む時間を削られる

・実際に片付けしない人は、そこに居るだけ

(もしかしたら、居ないかも)

などなど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社が出す周知会の報告書は

ぜひ

建設業界のモラルに変革をもたらすような

少なくとも、

業界全体を視野に入れた提案書であってほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が、誰の下請けで仕事をしても

お客様の期待に答えられるような

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口だけで当たり前と言っていることを

本当に、自分が当たり前にできるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ未熟な私たちですが

近い将来、業界を牽引できるヒトづくりを

できるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、自分が変わろう

Change mind!

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから