MENU

BLOGブログ

日常

人の睡眠のタイプは3つに分けられる

2021.10.01

人の睡眠のタイプは3つに分けられる

 

 

 

朝 型 40%
中間型 30%
夜 型 30%

 

 

 

 

 

 

睡眠で変化すること

 

 

学習能力が向上

 

 

 

タイピングテストで
寝た人と寝てない人
を比較したら

 

 

 

スピード20%
正確性 35%

 

 

 

 

寝た人の方が
結果が良くなった

 

 

 

 

という実験もあるそう

 

 

 

 

 

次に
なかなか眠れない人のために

 

 

 

 

 

 

ポイントが2つあります。

◯ 体の中心の温度を1℃下げる
◯ 周囲を暗くする

 

 

 

 

体の中心の温度を1℃下げる

 

 

 

 

だから
寝室は少し寒い方が良い

 

 

 

 

一説には理想の室温
18.3℃

 

 

 

 

これは室温が...
というより

 

 

 

 

体温の低下が目的

 

 

 

 

 

 

お風呂上がってから寝る

よく聞く話で

 

 

 

 

 

これは
お風呂で体の中心を温める
出てから、体が冷える

 

 

 

 

 

ココぞとばかりに
布団に入る。


コレ

 

 

 

 

 

 

 

冬に寒い部屋で
羽毛布団に包まるのが
好きという人も多いと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、
体の中心が冷える事が起きる

体の表面 ではなく 体の中心

 

 

 

 

 

 

つまり
中心を冷やすには時間が掛かる

 

 

 

 

ホテルや旅館は
体を休める施設

 

 

 

 

快適に寝られる事は
休める事

 

 

 

 

 

休めるためには
疲れも必要

 

 

 

 

 

 

旅行は好奇心を持って
見知らぬ地域、非日常の地域に行きます

 

 

 

 

 

 

これは少なからず
ストレスや疲れを溜めます

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事ない
楽しいから疲れない

 

 

 

 

 

 

という人も居ますが

 

 

 

 

 

それは、
好奇心と楽しさが
疲れを凌駕(りょうが)しているから

※忘れさせてくれる

 

 

 

 

 

 

 

気付きにくくなっているだけです

 

 

 

 

 

 

 

 

◯周囲を暗くする

視覚効果で

寝るためのホルモン分泌が

促進されるそうです。

 

 

 

 

 

 

そう思うと

クマさんの冬眠は

ものすごく理に叶っていて

 

 

 

 

 

 

寒くなってきたなー

って思ったら

土の中に

入って眠りにつく

 

 

 

 

 

 

寝つきが悪い人は

お風呂上りか

一度体を冷やして

お布団にモグってみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

クマさんの気持ちになって

 

 

 

 

 

 

 

クマさんも朝方 夜型あるのかな

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから