MENU

BLOGブログ

日常

挑戦を掲げる工事会社だいたいヤベェ説

2021.09.30

挑戦を掲げる工事会社だいたいヤベェ説(自論)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦とは

困難な事にいどむこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦になるケース
事象の難易度が一般的に高度である
実施者が未熟である時に使われる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちも挑戦を掲げてたりして...草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦を掲げる建設業界

基本的な構造はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自社はやったことが無いので挑戦する

けれども下請会社には実績のある会社しか採用しない。

 

 

 

 

 

 

 

つまり

挑戦の自動化が昔からできている。

スバラシイやん

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

お願いしたりもします。

そして大概、騙されるw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やったことないのに

やったことあるって言うんだもんさー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日に職人さんに話しかけたら

〇〇さんはやったことありますよ!

って笑顔で答えられるもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして気付いた

あぁ

わたしが嘘としてカウントしている類の事柄は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らにとっては、

勘違いか気のせい

なんだなと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦というものは

基本的に失敗します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

困難なことに取り組むので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功ばかりしていたら

それは

そもそも挑戦ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リスク回避はもちろん重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、事実上

挑戦を出来ている会社も少なければ

挑戦している人も少ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

ビジネスはお金をお客様から頂いている以上

挑戦してはいけないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔お客様に言われて

今でも覚えている言葉に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本番で練習するな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでは

本番で練習しないと意味が無い

と言っていたくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反復練習は

実戦の回数にこだわってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

その言葉を頂いてからは

実戦投入に値するレベルまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本動作の反復練習は

完了させておくべきだなと

改心しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーガー注文して

出される時に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別に

店長特製スペシャルバーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか言われても

 

いーらね いらね いらね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のケチャップのにしてください

てなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というワケで

違うこと すなー

いらんこと すなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから