MENU

BLOGブログ

日常

面接は精度の悪い選考手法

2021.09.29

面接は精度の悪い選考手法

 

 

 

なぜなら

人は短時間ではわからない

採用は確率論

 

 

 

 

かといって

諦めていては、

 

 

 

 

 

 

採用担当は存在する意味も

面接を行う意味もありません。

 

 

 

 

 

 

では、

採用担当は存在する意味は何か

他社が見逃しそうな

原石を見つけること

 

 

 

 

 

 

その原石を見つけるためのコツ

習慣 を聞くこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

習慣は

無意識の思考パターン・行動パターン

 

 

 

 

 

 

つまり

長時間かけて反復練習されたもの

 

 

 

 

 

 

 

その

習慣の由来を聞く

成果を出すための過程の話(思考・行動)が聞ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは信頼のおける情報で

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな時に

どんなことを考えて

どう行動したのか

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルな話を聞けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう思っているかを語る人よりも

主観的な意見

 

何をやってきたかを語る人の方が

客観的な事実

 

 

よっぽど信頼できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

どんな会社で働きたいか

どんな仕事がしてみたいか

 

をわたしの面接では必ず聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その就職転職が

軌道修正なのか、

初めての取り組み

なのかは知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

そう考えて、

面接のお時間を頂けた行動は事実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに至った

面接を受ける会社選び

の基準を聞くようにしています。

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから