MENU

BLOGブログ

日常

チャンスを掴むための5つのマインド

2021.09.23

履歴書や職務経歴書に書く

キャリアの意味は、

ほとんど後付け

 

 

 

 

 

 

つまり

キャリアの意味を聞く事は

ほぼムダ

 

 

 

 

 

 

 

強いて言えば

要約する力

論理的な思考

を確認する程度

 

 

 

 

 

 

 

コンステレーション

配置・星座・布置

を意味する心理学用語があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

★を勝手に繋いで

名前や意味を付ける

 

 

 

 

 

 

 

 

それに

キャリアを語ってもらうことは似ている

という話

 

 

 

 

 

 

 

 

それを無意味と言ってしまえば

天体観測好きな人に怒られそうですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天体観測好きな採用担当も多いと思うので

そこは人それぞれの価値観ということで

ご容赦願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の代表も言うように

運は存在しない

運は必然であるという派

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャリア理論として

計画的偶発性理論というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

要するに

キャリアは偶然の集まりだけど

計画的に仕込むこともデキる

という理屈です。

 

 

 

 

 

 

計画的偶発性理論のポイント

 

① キャリアは予想外のコトに左右される

人生の8割コレよ

 

 

② 何かが起きたとき、

行動や努力で新たなキャリアにつながる

 

③ 何か起きるのを待つのではなく、

意図的に行動することでチャンスが増える

(何かを起こす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ今回、

こんな話を取り上げているかと言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

とある研究結果によると

 

 

 

 

 

 

18歳のときに考えていた職業に

実際に就いている人は

全体の約2%だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

常にチャンスを掴めるモードに

なっておかないといけないので

ご参考までに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのチャンスを掴むために

装備しておきたい5つのマインド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好奇心

思い込みで立ち止まらない

色々なことに関心を持って

聞きまくる

 

 

 

持続性

結果が出るまで粘る

 

 

 

楽観性

ピンチをチャンスに

失敗に屈しない

 

 

柔軟性

チャンスと思えば乗っかる

ダメならやめる

 

 

冒険心

安全・安定より、挑戦

リスクを取れる覚悟があるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに

当てはまる人が居たら

一緒に仕事したいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より楽しそうだもなーーー

( ゚д゚)ポカーン

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから