MENU

BLOGブログ

日常

ルールは守るな !作れ!!

2021.09.20

ルールは何のためにあるのか

 

 

 

 

ルールに反した者に

ペナルティを与えるため

 

 

 

 

 

ルールに反した者を

堂々と人前で批判するため

 

 

 

 

 

 

ルールに反した者を

悪者とするため

 

 

 

 

 

 

 

世の中のルールの実態は

こんなところでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

人を叩いたら良くない。

法律でそう決められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

かといって

人をパシンと叩くことが

成立していれば

問題が無かったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

日本の法律は

「人を叩く」行為を悪いと

言っているわけではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の法律は

相手がイヤだと思ったら罰する

という名のもとに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先にイヤな思いをしました

と発言した者が正義というのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の日本の法律の使い方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根拠が無くても

言えば

事実の確認もなく

言ったもの勝ち

 

 

 

 

 

 

 

なぜか言われた方が

証拠を用意する

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと頭の悪いシステム

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

嘘を言った者が

勝つことが多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加えるならば

努力をしていない人に

有利な社会システムでもあるし

 

 

 

 

 

 

 

 

真面目にやらないほうが

優遇される社会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

真面目な人は

いつか報われると信じて努力をします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの周りを見て下さい

嘘つきや努力もしていない

社会や他人に文句を言っているだけの人の方が

意見が通ったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に物事に取り組まない方が

得しているように見えませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと

日本は不条理であるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

他の後進国の人々よりは

便利だし

豊かな生活をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

人間関係や社会に不満を持つ人が

少なくない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、

自分は社会や他人に不満を持たれないような

生き方をしているのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、周りや社会に不満ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不満はありません

と即答する人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1割が素晴らしい人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの9割は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を不幸にしていることに

気付いていない

超絶無神経な人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は1割側とすぐに思った人は

ほぼほぼ9割側でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手な人や嫌いな人が居ないと

答える人のほとんどが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の苦しみや痛みを理解できないから

人に対して何とも思ってもいないから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人から与えられる情報を

分析できず

苦手が無い

という結論になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手や嫌いな人を作れと言う話ではなく

人は価値観が違うから

好き嫌いが生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に価値観の無い人ほど

他人に迷惑をかける可能性が高い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の価値観をもって

相手の価値観を理解する

※受け入れる必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と話すときは

自分の感情を

よくよく観察しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば

自分が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

そんな自分ルールを作ってくださいね

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから