MENU

BLOGブログ

日常

営業職の育ち方(普段の心構え)

2021.09.11

お客さんの対応が

その営業を作る。

 

 

 

 

 

人のせいみたいな

内容で恐縮ですが

 

 

 

 

 

 

お客さんに親切にされたら

お客さんに親切にする

 

 

 

 

 

 

これ

返報性の原理

というやつで

 

 

 

 

 

 

 

人間

お返ししたくなるという

心理現象

 

 

 

 

 

 

 

つまり

悪い対応をされたら

悪い対応を返す

 

 

 

 

 

 

倍返しだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのは

まぁ冗談だとして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんの反応に合わせる事は

営業職の基本

 

 

 

 

 

 

 

しかし

それで状況に

左右されているようでは

並以下の営業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ちなみに

これはサービススタッフさんでも一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店に行くと

やたらとイキりだすおじさんって

ちょいちょい居る訳ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人には

ちゃんと悪いサービスが返ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪いというと語弊がありますね

正確には

必要最小限のサービス

と言い換えましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいお客さんには

なぜか

他の人では受けられないサービスを

受けられたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

いいお客さん

どういう人物像かを

真剣に考えて

 

 

 

 

 

 

 

 

いいお客さんになる事が

営業職の素養として

必要なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギブアンドテイクの話は

良く出すネタではありますが

先に

与える側にならなければ

(お金やモノではなく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

与えられるわけもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんや他人は

恐ろしいものに見えてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より良い対応を心がけていれば

より良い対応をしていただける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを理解して過ごすかどうかが

人生の分かれ目かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレクレさんには、

冷たくなりますよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が相手に対して

何ができるかを考えて

相手に聞く(聴く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがデキない人

多いんだよねー

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから