MENU

BLOGブログ

日常

仕事がデキない人は〇〇がデキない

2021.09.05

仕事がデキる、デキないを

各々の尺度で語ることは多いです。

 

 

 

 

 

では

何がデキないと仕事がデキない

か考えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

見積がデキない人は仕事がデキない

 

 

 

 

 

 

 

 

営業さんの行う

商品や工事の見積はもちろん

 

 

 

 

 

 

 

 

全員がすべき見積があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

納期の見積

時間の見積

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、当事者にとっては

イヤミな内容の記事にはなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日

ちょっとした仕事を依頼した際に

優先度は低いので

現在の仕事を優先してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

お願いした仕事がどのくらいで出来るかを

先に教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、

確実に伝えたつもり

先に教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強調表現になるように

最後の一言に、指示形で伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待てど、暮らせど

納期の返事はなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は終わり

私の休みの日に入りました。

それでも、さらに連絡はなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラッと

やらなくてイイですよ

と伝えたところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に承知されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に謝ってほしい訳でもないのですが

※気に入らないのだから、

謝ってほしかったのかなぁワタシ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで

なんとも思ってないんだなぁ

という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段から当社は

そういった事象で

ピリついたりしません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じさせない対応を

心がけてくれる人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の価値観を探ろうとしないと

自分の気付かない所で信用を無くしていくこと

早く気付いた方がイイと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

これも一個人の価値観。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員がそういうわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

企業は利益を産むための集合体

 

 

 

 

 

 

 

これはどんな仕事であろうと

企業である以上

基本原則だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利益を産む

という事柄に対して

 

 

 

 

貧相なマインドの人は

=儲けること

としか考えられません。

 

 

 

 

 

これは大きな間違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利益を産むことは

・お客様への価値を増やすこと

・お客様に喜んで頂くこと

 

 

 

 

 

 

その活動の中で

時間を見積デキないといことは

価値を理解デキないことに直結する

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

見積をしようとしない

という行為は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間をぞんざいに扱うことであり

価値を産もうというマインドが皆無です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、

友達との待ち合わせにも

平気で遅刻をする人が

増えているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの好きな著名人やインフルエンサーの方でも

 

ご自身の遅刻を明言される方や

少しばかりの笑い話として用いる方がいますが

 

 

 

 

その点だけは

あまりイイとは感じません。

 

 

 

 

 

100歩譲って

著名人やインフルエンサーの方が

遅刻は仕方ないというのは許せます。

 

 

 

 

 

 

遅刻しても

余りある成果を出せるから

 

 

 

 

 

 

では

一般的な人が遅刻して、

待たせた相手の

他人の人数×他人の時間

を返せるくらいの成果が出せるのか?

 

 

 

 

 

 

それほど価値がある人間なのか?

 

 

 

 

 

 

遅刻だけではなくて

言動、知識、行動力、成果も

真似をしてみては

いかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面接の時点で

仕事の速さは

どう判断したら良いでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大富豪とか

判断力が伴うゲームでも

やってみましょうかね

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから