MENU

BLOGブログ

日常

ねぇ知ってる?フルボアの反対

2021.09.03

ボールバルブは流量調整する場所に設置します。

 

 

 

 

 

 

ボールバルブは3種類

 

 

 

 

・フルボア

・スタンダードボア

・レデュースドボア
(レデューストボア)

 

 

 

 

口径(ボア径)が違います。

 

 

==============

・フルボア

配管とバルブの口径が同じ

 

 

水の量を100として

 

 

 

スタート         ゴール

100→フルボアのバルブ→100

 

※これらの数字はイメージです。

流量が多いところ向き(どのくらい?)
流量を減らしたくないとき
圧力損失も小さく

 

==============

・スタンダードボア

配管よりバルブの口径がちょっと細い

 

 

 

水の量を100として

 

 

 

 

スタート            ゴール

100→スタンダードボアのバルブ→90

 

==============

・レデュースドボア
(レデューストボア)

 

 

配管よりバルブの口径が細い

 

 

流量は少なくなる
コンパクトに設置可能

 

 

水の量を100として

 

 

 

 

スタート             ゴール

100→レデュースドボアのバルブ→80

 

==============

==============

 

 

わたしは基本 フルボア

 

プラントが主戦場なので

 

圧力損失や流量減る方が困る

 

 

 

簡単な理由

 

 

 

 

設備の領域と違って

比較的スペースが取れることも

理由かもしれない

 

 

 

 

 

 

最近は

 

流量や工場の生産量への影響検討や

 

その工場の工事中の外注先提案

 

メンテナンス時期

 

工事の計画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々勉強させていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

 

経営、営業、総務、販売促進、

 

工事、生産、経理

 

 

 

 

 

 

 

オールジャンルの変数を

 

掛け合わせての打合せになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

 

各部門の実務を少なからず経験してるので

 

様々なメリット、デメリットを洗い出せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにが言いたいかというと

 

 

 

普段の本職以外の仕事をしている人から

 

 

 

話を聞くこと

 

 

 

それを実践してみる事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己成長や意識改革に持って来いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の世界観はこうだから

 

 

ガンバルしかない

 

 

我慢するしかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして

 

本当にそうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに

 

こういった話をなぜ社内で展開しないのか?

 

と聞かれることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは無駄だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンマインド≠成長意識が高い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長意識が高い人は社内に複数います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

成長意識が高いからといって

 

開放的な考え方(オープンマインド)

 

かと言うと違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長意識が高い

 

 

=自信がある。

 

 

=自分の体験したことを信じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割と、

 

人の話を聞かない(耳で聞くだけ)

 

になりやすい訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長意識が高い人は忙しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

今の仕事に直結することだけ

 

学びたがる

 

 

※それ自体は素晴らしいし、尊敬できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のジャンルに目を向けるには

 

余裕が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コン詰めてやりすぎると

 

 

レデュースドボアのように

 

 

本来のエネルギーよりも

 

 

少し減ったエネルギーになってしまうので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルボアでイケるように

 

余裕をもって

 

仕事の流量も調整できるといいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然上手くはないですね 笑

 

 

以上 おしまいっ

 

 

 

 

 

ボールバルブは流量調整する場所に設置します。

 

 

 

 

 

 

ボールバルブは3種類

 

 

 

 

・フルボア

・スタンダードボア

・レデュースドボア
(レデューストボア)

 

 

 

 

口径(ボア径)が違います。

 

 

==============

・フルボア

配管とバルブの口径が同じ

 

 

水の量を100として

 

 

 

スタート         ゴール

100→フルボアのバルブ→100

 

※これらの数字はイメージです。

流量が多いところ向き(どのくらい?)
流量を減らしたくないとき
圧力損失も小さく

 

==============

・スタンダードボア

配管よりバルブの口径がちょっと細い

 

 

 

水の量を100として

 

 

 

 

スタート            ゴール

100→スタンダードボアのバルブ→90

 

==============

・レデュースドボア
(レデューストボア)

 

 

配管よりバルブの口径が細い

 

 

流量は少なくなる
コンパクトに設置可能

 

 

水の量を100として

 

 

 

 

スタート             ゴール

100→レデュースドボアのバルブ→80

 

==============

==============

 

 

わたしは基本 フルボア

 

プラントが主戦場なので

 

圧力損失や流量減る方が困る

 

 

 

簡単な理由

 

 

 

 

設備の領域と違って

比較的スペースが取れることも

理由かもしれない

 

 

 

 

 

 

最近は

 

流量や工場の生産量への影響検討や

 

その工場の工事中の外注先提案

 

メンテナンス時期

 

工事の計画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々勉強させていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

 

経営、営業、総務、販売促進、

 

工事、生産、経理

 

 

 

 

 

 

 

オールジャンルの変数を

 

掛け合わせての打合せになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

 

各部門の実務を少なからず経験してるので

 

様々なメリット、デメリットを洗い出せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにが言いたいかというと

 

 

 

普段の本職以外の仕事をしている人から

 

 

 

話を聞くこと

 

 

 

それを実践してみる事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己成長や意識改革に持って来いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の世界観はこうだから

 

 

ガンバルしかない

 

 

我慢するしかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして

 

本当にそうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに

 

こういった話をなぜ社内で展開しないのか?

 

と聞かれることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは無駄だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンマインド≠成長意識が高い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長意識が高い人は社内に複数います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

成長意識が高いからといって

 

開放的な考え方(オープンマインド)

 

かと言うと違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長意識が高い

 

 

=自信がある。

 

 

=自分の体験したことを信じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割と、

 

人の話を聞かない(耳で聞くだけ)

 

になりやすい訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長意識が高い人は忙しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

今の仕事に直結することだけ

 

学びたがる

 

 

※それ自体は素晴らしいし、尊敬できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のジャンルに目を向けるには

 

余裕が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コン詰めてやりすぎると

 

 

レデュースドボアのように

 

 

本来のエネルギーよりも

 

 

少し減ったエネルギーになってしまうので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルボアでイケるように

 

余裕をもって

 

仕事の流量も調整できるといいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然上手くはないですね 笑

 

 

以上 おしまいっ

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから