MENU

BLOGブログ

日常

嫌われる原因の研究

2021.08.23

嫌われる原因を研究しています。

 

 

 

 

 

 

 

思想・発言・行動

 

 

 

 

 

 

 

 

この3つで

嫌われる原因に最もなりやすいこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番 行動

 

2番 発言

 

3番 思想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番 行動

すること・なすこと

それが残ることであれば尚の事

成果物、記録、記憶

 

 

 

 

 

 

 

相手が嫌な気持ちになれば、

その「したこと」の挽回は難しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に

約束を破るコト=信用を軽視

遅刻をするコト=相手の時間を大切にしない

時間を決めない=相手の時間を大切にしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番 発言

口は禍(わざわい)の元

 

 

 

 

不必要、不適切な発言をすることで

チャンスを失う。

チャンスを失ったことにすら、気付かせてもらえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠し事を話す=信頼の切り売りに見えて、実は信頼の切り捨て

目の前の人の信頼を得に行くつもりが

その人からも信用されなくなる。

誰も何も教えなくなる。

 

 

 

 

悪評を流す=自分と関わると悪口言うよと主張

 

 

 

 

ため口で話す=相手に対して、軽視してます!を主張

敬語を知らなかったとしても

経緯を持った接し方をすれば

相手には伝わる

 

 

 

 

 

発言対象を間違える=この人にこれを言っちゃダメ

社内の人に相談するものを

社外の人に相談する

これは会社としても生き恥

会社の人は信用できないを社外の人に伝える行為

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3番 思想

実は、一番優先度は低い

 

仮に思想が違っていたとして

 

 

1番 行動

2番 発言

 

相手に合わせることができていれば

嫌われる原因にはなりにくい

 

 

なぜなら

思想や考え方も人それぞれ

 

 

 

 

 

 

 

人が人と関われるのは

思想が同じだからではなく

 

 

 

 

人は人と関わろう(協力しよう)とするから

 

 

 

思想が似てきたり

共感したり

理解しようとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の価値観を理解する=行動

思いやりをもった言葉=発言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これさえ守れていれば

よっぽど

何をしても大きなすれ違いは起きない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考え方が違うからあの人に何言ってもムダ

 

 

 

その考え方は間違っている!

私はこう考える!

という主張

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、

思想や考え方に論点を持ってっているように見えて

 

 

 

 

 

 

実は

この発言や行動が

火種になっている可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に嫌われて

困っている人が居たら

一つだけアドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だ・ま・れ

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから