MENU

BLOGブログ

日常

パーソナルなメール

2021.08.18

わたしの大好きな営業さんの一人から

送られた一通のメールは

 

 

 

 

 

パーソナルなメール

という前置きで

 

 

 

 

 

 

いつもながらに丁寧なあいさつから

はじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容を読んでみると

恩人を紹介してくださるとの内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのきっかけは

営業で来社された際

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の経営課題の一つを

(その営業さんの会社とは直接的な内容では無い)

キチンと覚えてくださっていて

 

 

 

 

 

 

経営課題に対して

その道のプロがたまたま、

その営業さんの人生の恩人だそうで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的なおせっかい

と謙虚な姿勢で

大切な人を紹介してくださるという内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼かたがた

お返事させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャストな提案

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの立場を気遣って

スルーして頂いて構わないという言葉を

添えて頂いたり

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、恩人を軽く扱うような言葉は微塵もなく

 

 

 

 

 

人を大切にする

ってこういう事なんだなと

 

 

 

 

いつも心が洗われます。

しかしわたしの心の汚れはガンコです。

 

 

 

 

 

 

 

人を大事にする

というより

人を大切にする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな行動に

心 奮わされます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事と大切の違い

 

 

 

 

大事:重要なこと

必要と考えて、しっかりと扱う様

 

 

 

大切:愛情や思い入れを含めて丁寧に扱う

心から必要としていて、進行に注意深く扱う様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英単語だとこの4つ

 

 

important:インポータント
重要な、有力な

 

significant:シ ニフィカント
非常に重要である

 

valuable:バリブ
価値がある、貴重な

 

precious:プレシャス
大切な、非常に価値がある、貴重である、掛け替えのない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何気無い会話の中から

当社のコトを気にかけて下さっていたこと

 

 

が一番嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の社員の知らないところで

 

当社を大切に想ってくれたり

 

応援してくださる人たちがいる事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなにも伝えたくて

わたしの大切な人のエピソードを紹介してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人が書いてくれた

記事はコチラ

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから