MENU

BLOGブログ

日常

もう会うことは無い恩師

2021.08.14

もう会うことは無い恩師を思い出していました。

 

 

 

 

 

◎テーマ
子供の頃に好きだった「先生」と、その理由は何ですか?

 

〇副題
今でも思い出せる「恩師」は、
少なからず今の自分にも影響を与えているはずです。
どんなところで影響を受けているか考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

とある朝7時頃

メモ書きのテーマです。

 

 

 

 

 

これを書いて、何になるのか?

 

 

 

 

 

 

と思う人もいるかも

 

 

 

 

 

 

ただ、

このようなテーマから

気付き発見学びを得る

思考力が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は

小学生の頃

お世話になった先生の名前を列挙して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴を深堀してみました

 

 

 

 

いくつか分かったこと

 

 

 

 

 

先生の名前を憶えていること

高学年は熱血な先生が多かったこと

先生に怒られることが楽しかったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学六年生の担任の先生が

漫画のヤンクミみたいな

見た目キレイな熱血先生で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、

中学校で理科を教えてたらしく

当時は小学校の担任が初めて

ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

確か、初日の教室での挨拶が

 

 

 

 

 

 

 

 

不安もありますが、私について来い!!

 

 

 

 

 

 

だった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

他の先生も素敵な人がいっぱいいましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

今思えば、

常識を打ち破る人に

子供の頃から

接してたんだなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-POPを朝の会で合唱する

 

 

当時は、

 

ミスターチルドレン
tomorrow never knows
シーソーゲーム
innocent world

 

 

globe
DEPARTURES
FACES PLACES
Feel Like dance

 

 

シャ乱Q
シングルベッド
ズルい女

 

Bz
愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
ALONE
LOVE PHANTOM

 

 

 

 

 

 

確か、こんなラインナップを

歌ってた気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は音楽を聴く習慣もなかったので

上記のアーティストを一つも知らない状態で

歌っていました。

 

 

 

 

 

 

 

今、考えたら

攻めてた先生だったなと

 

 

 

 

 

 

 

その先生のしていた取組に

生徒全員に5行程度の

日記を書かせて毎日提出するというモノ

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

わたしも書いてた一人です。

 

 

 

 

 

 

 

1クラス40人近く居たのですが

毎日 全員にコメントを返してくれてました

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴくない!?

小学校の先生が毎日っすよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その先生のおかげで

 

 

 

 

 

 

 

 

営業職をしていたころ

 

 

 

 

 

 

 

全国に300を超える店舗の

スタッフさんに

販売促進の電話をかけることができた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで、

導入初月3位は

史上初の快挙だったそうです。

 

 

 

 

 

 

※本部の商品部のバイヤーさんに

めっちゃ誉めてもらえて

 

 

 

 

本部商品会議にも

外部サプライヤーとして

参加させて頂いた

 

 

 

 

 

 

それは、わたしの武勇伝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある業界のマネージャー時代は

 

 

 

 

 

 

40名程度のスタッフの

プロフィールを

 

 

 

 

 

 

スリーサイズや靴のサイズ

誕生日や指輪のサイズまで

 

 

 

 

 

 

把握したりしてました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと

先生から

 

 

 

一人一人と真剣に向き合うことを続けることの大切さ

 

 

 

を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

人を大切にすればするほど

仕事は上手くいく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは小学校の先生から学んだ

処世術の一つ

 

 

 

 

 

 

 

 

確か20歳になったとき

同窓会で

先生に

 

 

 

 

 

 

 

まだあの日記って続けてるんですか?

 

 

 

 

 

 

と尋ねてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの一年しかやってないよ

めちゃくちゃ大変だったもん

 

 

 

 

 

 

 

途中で後悔した!!!

 

 

 

 

 

と笑顔で語ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の同窓生も

あの体験から

学んでいることは多いだろうな

 

 

 

 

 

 

 

私たちは1年で卒業したから

キリよかったものの

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ込みがつかなくなること

あるよね 笑

ちなみに先生 死んでないですよ

若い先生だったので

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから