MENU

BLOGブログ

日常

中身のないお知らせが多い理由

2021.08.12

熱中症のネタが多くなりますが

 

 

 

熱中症関連でFAX送信されて困るコト

「温度」と「湿度」の区別がつかない

 

 

 

情報を正しく伝える

という観点から

FAX送信

 

 

 

 

は情報伝達において

正しくない手段と考えています。

 

 

 

 

 

建設業の業界全体で見た時に

メールなどの

電子端末が普及しきっていない所に

根本的な課題感があります。

 

 

 

 

 

なぜなら、

MECE(ミーシー)の考え方

 

 

 

漏れなく ダブりなく

 

 

 

を実現しようとすると

 

 

 

 

FAXを使用せざるを得ないからです。

 

 

 

網羅性と引き換えに

情報の誤解を産む

転送の工数が増える

(メールなら個人へ一斉訴求できる)

 

 

 

 

 

外気温が30℃を超えると

熱中症で死亡する人が出始めるそうです。

 

 

 

 

期間としては

毎年7月~9月に多いそうです。

 

 

 

 

 

「熱中症に気をつけましょう!」とはいうものの

何に気をつければ良いか

 

 

 

実際にその解決策が誰でも実行できるものか

 

 

 

 

答えはNOです。

 

 

 

 

 

 

事件は会議室で起きてるんじゃない

現場で起きてるんだ!

 

 

 

 

 

という

名セリフにもあるように

 

 

 

 

 

 

工事現場も同じです。

 

 

 

 

 

実際に行かないと

工事現場の過酷さは理解できるはずもなく

 

 

 

 

 

今と10年前では

そもそも外気温が違いすぎるため

 

 

 

 

過去現場に居た人が

今は事務所仕事が中心になっていたとしたら

 

 

 

 

今の現場の安全を語る資格は無いと思います。

 

 

 

 

 

数段、過酷になっているはずだからです。

 

 

 

 

 

 

 

空調服や空冷服

冷却スプレーやクール繊維の服

発展したアイテムも多々ありますが

 

 

 

 

 

 

 

 

現役でやってる人が、

どれだけ大変か

それは今、現場に居る人しかわからないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

特に我々はお客様の指示の基

お仕事をさせて頂く機会が多く

 

 

 

 

 

 

指示者の方針で

過酷さが一変することも

少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

こまめに水分補給をしましょう

 

 

 

 

 

 

実際は、実現難しい現場もあります。

 

 

 

 

 

 

熱中症やコロナ感染をすれば

「お客様に迷惑をかける」から

「感染しないように」

という表現を耳にする度

 

 

 

 

 

 

 

確かにそう。

 

 

 

 

 

 

我々の自己管理不足でご迷惑をおかけすることは

大変申し訳のない事だと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

「お客様に迷惑をかける」

を伝えることが、最優先なのか?

 

 

 

 

 

 

申し訳ございません。

 

 

 

 

 

仲間の方が大事です。

 

 

 

 

 

それは社員のみならず、

仕入先、協力業者さん、現場で共にお仕事させて頂いている方々

それを支える家族。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍や地球温暖化で

難しい状況の中

 

 

 

 

 

 

日々、安全に対して

ひたむきに努力している人々を考えての

メッセージなのか

 

 

 

 

 

 

建設業に属する

一個人として、いろいろな疑問を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

自分中心的な人や権力を振りかざす人も

未だに存在する建設業界

(減って来ては居るようですが)

 

 

 

 

 

 

 

現場の人の命を真剣に考えて

こんな文章になるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

以前

他県の県庁の方と

コロナワクチン接種の普及に関して

 

 

 

 

 

 

議論をしたときに

お年寄りのワクチン予約について

 

 

 

・電話が繋がらない

・WEBでの申込が出来ない

 

 

 

 

状況に対して

「何故、県庁職員が1件1件架電しないんですか!?」

と感情的に発言したことがありました。

 

 

 

 

 

 

その人は

「なぜその順番でかけたのか」

「私が後で、なぜあの人が先なのか」

が起きる(不公平が起きるからだそうです。)

 

 

 

 

 

それを言われた瞬間は

「保身でしょ?」

「炎上覚悟で確実に潰していくことが社会貢献では?」

とも思いましたが

 

 

 

 

 

その時

その人は少し悲しい表情をしていました。

 

 

 

 

 

つまり

私の言ったことなんて

とっくに思いついている

 

改善したくても出来ない状況

 

 

を悲しく思っていたのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

運営や司る者たちが

民衆に対して、夢を実現できないのは

原因も民衆にあるという話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の表現の話も

例え誤解を産んだとしても

人を行動させるため選んだ言葉だとしたら

 

 

 

 

 

受け手のわたしが

メッセージに対して

歩みよる努力を止めてしまっては

 

 

 

 

 

 

 

真実に辿り着くことはできないので

 

 

 

 

 

良き方向へ出されたパスは

責任を以って

繋がせていただきます!

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから