MENU

BLOGブログ

日常

お金をかけて 感謝の言葉を伝えない お中元に何の意味があるのか

2021.08.11

建設業の中小企業では

お中元をお送りする文化がまだ残っています

 

 

 

 

 

これも若干ダイレクトメール化

してるのではないかと感じています

 

 

 

 

 

 

名新パイピングから

美味しな海老せんべいが届く

 

 

 

 

 

 

お得意先様に起こる

お中元時期の出来事

 

 

 

 

 

 

 

私の大好きなお客さんは

ビールが好きです。

 

 

 

 

 

ビールのおつまみに

という観点もありますが

 

 

 

 

 

 

 

私は

そのお客さんが卵好きなことを知っていますし

野菜が嫌いな事も知っています

 

 

 

 

 

 

 

 

そのご家族が体調を心配して

野菜を食べさせているということも知っています

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年決まった月に

ご夫婦で旅行に行かれることも知っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

私はお客さんのことをすごく知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒なら何でもいい!

というお客さんに

獺祭(だっさい)という

焼酎をプレゼントしたときに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをあえて誉めない

心配りも知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っている人は

その人の行動の意図も理解できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉を交わさなくても

行動で気持ちを受け取れる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

行動が言葉になることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に

お客さんでなくとも

共に仕事をさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

わたしは

名新パイピングに居ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誇れる仲間が居るから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、今回は

わたしのプライドのお話

 

 

 

 

 

 

お金をかけて
感謝の言葉を伝えない
お中元に何の意味があるのか

 

 

 

 

 

 

手配してくれている人の気持ちは

感謝を伝えるに徹してくれている

 

 

 

 

 

それも理解しています。

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかというと

わたしを含めた一人一人が

お客さんにちゃんと言葉で伝えようよ

というのが

 

 

 

 

 

今回の本質です。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから