MENU

BLOGブログ

日常

罰ゲームは人の贖罪を助ける行為である

2021.08.07

今回とあるきっかけで

 

 

いつもブログ記事を書いている方から
ブログ執筆のご依頼をうけた

 

ITエンジニア(肩書き)でございます

 

 

ちなみに私はプログラミングをごりごりするタイプではなく
(というかまったくしていない笑)

 

いわゆるSIer(エスアイヤー)と呼ばれることが多いです

 

 

 

そんな私が今回なぜこのブログ記事を書いているかって?

 

 

 

それは7月18日の記事を見てみるとわかります。

 

 

そう、私はAjouter+(アジュタ)というメンバーの一員です。

 

 

その一員は毎朝事前に決められたメンバーどうしで
朝会を実施します

 

 

「瞑想やメモ書き、目標を振り返って、
今日のアクションプランを決める」

 

 

ちなみに「瞑想」って

 

 

はたから聞いたら

 

 

宗教?

 

 

って言われるんですが

 

 

そんなことないですよ

 

 

一度瞑想を真剣に調べてみてください

 

 

多分、瞑想のイメージ変わると思います。

 

 

それはさておき、7月18日の記事を引用します

 

「特長としては
その日、誰と朝会をやるのか決定しているため
約束を破れないプレッシャーや時間管理
を身に着けることができます。」

 

 

「特長としては
その日、誰と朝会をやるのか決定しているため
”約束を破れないプレッシャー”や”時間管理
を身に着けること”ができます。」

 

「特長としては
その日、誰と朝会をやるのか決定しているため
約束を破れないプレッシャー”や”時間管理
を身に着けること
”ができます。」

 

ん?

 

なぜそこを引用したかって?

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

私が約束を破ってしまったからです!!!!

 

 

このブログをいつも書いている方と
今日は2人きりの朝会でした

 

 

 

 

その方は私がいない中、
わざわざセルフ朝会をして
メモ書き内容をスキャンして送ってくれました

 

 

 

 

「最近仕事が忙しい」

 

 

そんなことを理由にしたらいけないな

 

 

と、元気をもらえましたよ

 

 

本当にありがとうございます

 

 

大好きです

 

 

そして、最近の私は、余裕がなかったんだなぁって
深く振り返りましたよ

 

 

普段は時間管理できるのに

 

 

こんなミスをしてしまうなんて・・・と

 

 

でも思えば
すごく優秀でCTOやられているような方と2人きりで
打ち合わせしようとして朝ウェブ会議室に入って来なくて

 

 

 

2回連続で寝坊し欠席しかけたことがあって

 

 

そのとき、その人とても余裕なかったんだなぁって

 

その人のことを振り返ることができました

 

 

人間誰しも失敗はある

 

 

それを許せるか許せないか

 

 

人によって違うけど

 

私は大きな心で、その人の失敗を
許してあげたい

 

そう思いましたね

 

(これって自分を正当化してるだけじゃね?)

 

(って思っている人は正解です)

 

 

ということで、その人から罰として
記事を書いてください

 

 

と言われたので、記事を書いています

 

 

 

私からしたら罰ゲームでもなんでもなく

 

 

逆にそういう提示をしてくれたので

 

 

罪滅ぼしで嬉しかったですよ

 

 

何か失敗をしたとき
その人に罰を与えるというのは

 

 

ある意味、
その人の贖罪(しょくざい)を助けているんだろうなって思いました

 

 

私も、そういう場面にあったら
罰を与えたいと思います

 

 

そういえば最後に、余談ですが

 

Ajouter+(アジュタ)での出来事で

 

 

とある人が
「毎週の学びの共有のアウトプットは難しい」

 

と言っていました

 

そしてこうも言っていました

 

「多分○○さんも難しいと感じてるんじゃないかなって印象を受けました」

 

 

(○○さんはあえて伏せ字にします。想像してみてください)

 

でも私からみた○○さんは

 

 

「シャイなだけなんじゃないかな」

 

って思ってます

 

 

その人は毎日ブログをアウトプットしていて
最近のネタをいくつかみましたが

 

 

めちゃくちゃネタあるやん!って

 

 

私の最近のインプットが少なくて
それとの対比でなおさら驚きましたね

 

 

学びの共有っていっちゃえば

 

 

「他の人に気づきを与えることをどれだけ言えるのか」

 

 

っていうのが一つのポイントだと思ってます

 

そんな中で私からみた○○さんは

 

いろんな視点を持っているので

 

 

日々私的には刺激を受けています

 

 

多分メンバーの皆さん

 

○○さんの面白さにまだ気づけてないんだろうなぁって

 

 

一人でニヤニヤしています

 

 

その面白さに気づける場って

 

 

普段の朝会・夜会では難しくて

 

 

 

夜会後の延長戦で話をつづけたり

 

 

 

他の時間作って1対1で話したり

 

 

が一番相手のことを知れる気がします

 

 

 

なので私の最近の裏目標は

 

 

○○さんの面白さを
他のメンバーにも気づいてもらうこと

 

 

です。

 

 

面白いイベントも考えたので

 

 

そこで交流できたらいいなと。

 

 

長くなりましたね、今日はこのくらいで。

 

 

(ブログ書くの楽しいですね!)

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから