MENU

BLOGブログ

日常

安全運転管理者講習のメモ

2021.07.29

交通死亡事故 全国ワースト2位の愛知県

令和2年

死亡数 154人(うち51.9%が高齢者)

負傷者 29,559人

 

 

 

ちなみに
岐阜は43人
三重は73人
静岡は108人

 

 

事故の68.7%が交差点・交差点付近で起きている

 

自動車の死亡事故
シートベルト 非着用率 52.8%

 

えっ!?

 

って思ったら

 

 

内容は、

・バスに乗っていた人

・ワンボックスの後部座席の人

 

だそうです。

 

納得です。

 

 

愛知県の交通事故が多い理由

 

車両保有台数がぶっちぎり1位

運転免許人口 3位

道路実延長 3位

道路面積 2位

信号の数 2位

 

道路が広い=スピードが出る

 

 

 

 

 

でも愛知県は・・・

車1万台当たりの死亡事故率 36位

免許人口1万人当たり死亡事故率 38位

※名古屋走りは過去のもの!?

 

 

 

 

年齢別死者数は

 

子供 減少傾向
若者 減少傾向
一般 ほぼ同じ
高齢者 拡大傾向

 

 

そりゃそうだよね

人口が少子高齢化なのだから

 

 

 

 

愛知県での交通死亡事故の属性でいうと

歩行する高齢者が多い

 

 

 

 

9月・10月は
17時~19時が死者数引きあがる

 

 

 

 

4輪車では半数が壁にぶつかって死ぬらしい。

マンボウ?

 

 

 

 

横断歩行者等妨害違反

愛知県で力を入れている違反だそうです。

 

 

 

 

 

 

横断歩道上で人をはねると10:0で

運転手が悪くなるのでご注意を

 

 

 

 

毎月11日は横断歩道の日!!

らしいです。

 

 

 

横断歩道は歩行者優先

 

 

 

JAFが調査している

横断歩道での停止率を調査しているそうです。

 

 

 

 

 

愛知は令和2年で32.5%(平均より上)

平成27・28年は一桁だったそうです。

 

 

 

横断歩行者妨害とは

横断中の歩行者がいる

横断しようとしている歩行者がいる

車が一時停止しない、通行を妨害すること

 

 

 

 

♢←これ、ダイヤマーク

これは、横断歩道あるよー

のお知らせですよ

 

 

 

 

 

 

可搬式速度違反自動取締装置の話

狭い場所でも違反車両の写真を撮る機械を

全国に先駆けて導入

 

 

要するに

オービスを生活道路に仕掛けて行っているそうです。

 

 

 

 

 

名古屋高速、国道23号で

バシバシ捕まえるらしいです。

※だからいつも渋滞してるのか・・・
捕まっている車をよく見ます。

 

 

ストレスの多い人は事故しやすい結果

ストレスの低い人に比べると

人身事故 1.48倍

自爆事故 4.38倍

 

 

 

 

1回目のヒヤリハットから

2回目のヒヤリハット発生は

15分以内が50%近くある

=車を止めて、休みを即断すること

 

 

 

 

高齢者ドライバーは横方向の視野範囲が狭い

注意物(対象物)が多ければ多いほど

視野が狭くなる

 

※高齢者の視野は、
一般と視野の広がりが逆の動きになるから
要注意

 

 

 

 

大事なこと

ふんわりスタート

早めのアクセルオフ

燃費の確認

 

 

 

 

警察署からドライバーへのお願いごと

ハイビーム走行(100m先)

※ロービームは(40m先)

 

 

 

 

 

 

踏切待ちの対向車でもハイビーム、アップライトの人とかいるけど

そういう無神経な人を減らす指導もしてほしい

その辺を意識できれば

安全運転は普通に気を付けられるでしょう

 

 

 

 

あおり運転の対策

SDカード壊れていたり

容量が少ないSDカードで肝心なところが写ってない

などあるそうです。

 

 

 

 

ながらスマホ・携帯電話

車間距離が空いている

フラフラしている車

だいたい、スマホ触っている説だそうです。

 

 

 

ルール:法

マナー:礼

 

 

 

運転ルールは最低限のマナー

 

 

 

もっともらしいけど

よくわからない言葉ですな

 

 

 

 

 

つまるところ

みんな事故しないでね

 

 

 

 

 

 

 

体調不良の人が運転すると事故起こしますよ

 

睡眠不足

過労

糖尿病(意識が飛ぶ)

 

 

 

しんどい運転手が居た時に

気付いた時に止める環境つくり

言える環境つくり

 

が大切ですよ

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから