MENU

BLOGブログ

日常

最低・最悪を予想・予測し、最高の準備をし楽観的に対応する

2021.07.17

この言葉は、中学時代に塾に通っていた頃、

塾の先生に面談で言われた言葉だ。

 

 

 

 

 

この言葉は、噛み砕いてみると、結構奥が深い。

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人は

 

 

 

「何とかなるだろう」

 

 

 

という楽観的な意識で物事に取り組んでしまうため

何かトラブルなどが起きると

 

 

 

 

 

「これは困った」

「どうしたら良いだろう」

 

 

 

 

 

と悲観的な感情で対応をしてしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

そうではなく、

 

 

 

 

 

大切なのは

いかに”先に問題を予想・予測し、解決策を準備できるか”である。

 

 

 

 

 

 

 

個人においても、チームにおいても

 

”準備を徹底する”

 

ことがリスクマネジメントの一番大事なポイントなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、準備を徹底した上で、

 

”楽観的に”対応する

 

という言葉もとても興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

準備をし、

本番に挑んだ上で得られる結果は

 

それまでの過程によって形成される成果(※)である

 

 

(※)本番の運もあるがそれも含めての実力と捉える

 

 

 

 

 

 

 

 

最大限の努力で準備をしたのであれば

結果に対して悔いる必要はないし

次頑張れば良い

 

 

 

 

 

 

 

そんな

なんとも

単純かつ明快な言葉

に私は魅了されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学から作られたこのポリシー

今でも私のポリシーとして掲げている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この言葉であるが

ネットサーフィンしていると、塾の先生ではなく

原田隆史さんという教育者の方が

危機管理の法則」として提唱している言葉だったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け売りだったのね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ありがとう

あなたのおかげで、私の人生は変わりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは、子供の頃に聞いた言葉

今でも印象に残っている言葉はありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは死んだおばあちゃんに言われた

モノの気持ちも考えろ

ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげで

小学生の時に

消しゴムや筆箱、ランドセルの気持ちを

考えてました

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから