MENU

BLOGブログ

日常

トラック輸送の標準的な運賃

2021.07.16

国土交通省からトラック輸送の標準的な運賃が告示されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働き方改革法施行により

運転者の確保ができなくなります。

 

(そりゃそうだ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会インフラである物流が滞らないように

運転者の労働条件を改善する措置が講じられます。

 

(問題解決と直接関係あるのか?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでいう

「標準的な運賃」の考え方3つ

 

運賃:運損の役務の対価

料金:積込・取卸料、附帯業務料

実費:高速代・フェリー代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< 適用ルール >>

 

【割増編】

特殊車両 ←関係ありそう

休日 ←関係ありそう

深夜

早朝

品目別 ←関係ありそう

特大品 ←関係ありそう

悪路

冬期

地区割増

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【割引編】

長期契約

往復割引

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他】

割増・割引範囲の設定

個建

待機時間料

積込・取卸料

附帯業務料

実費(有料道路・フェリー利用料等)

 

 

 

 

取引先毎に契約書・覚書により

取引条件を規定とのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の諸々

ざっくり説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ⅰ 距離制運賃表

関東運輸局に次いで中部運輸局が2番目に高い!

 

 

 

 

 

 

 

Ⅱ 時間制運賃表

トラックサイズと8時間・4時間の基礎額

基本走行キロを超えると加算額が足される

 

 

 

 

 

 

Ⅲ 運賃割増率

特殊車両割増:冷蔵車・冷凍車 2割増

休日割増 :日曜祝祭日に運送した距離 2割増

深夜早朝割増:夜10:00~朝5:00までに運送した距離 2割増

 

 

 

 

 

 

 

Ⅳ 待機時間料

30分を超えると、30分毎に

2t車:1,670円

4t車:1,750円

10t車:1,870円

20t車:2,220円

 

 

 

 

 

 

Ⅴ 積込・取卸料、附帯業務料

運賃とは別途収受

 

 

 

 

 

 

Ⅵ 実費

有料道路利用料・フェリー利用料、その他費用は運賃とは別に実費として収受

 

 

 

 

 

Ⅶ 燃料サーチャージ

別に定めるところによりにより収受

※飛行機?

 

 

 

 

 

 

Ⅷ その他

今回の告示に定めるもののほか、今回の告示に必要な事項は別に定める

 

 

 

 

 

 

 

とは言いますが

 

 

 

 

 

 

 

民間の取引で はいそうですかと

(配送だけに)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行かないんじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

と勝手に思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運送業ではないので

 

現実問題、お願いする側になると思うのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格の担保については

 

労働人口減少で十分な理由づけになると思うし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力のある会社が有利な展開になるので

小規模の運送会社さんの競合優位性を奪って骨抜きにするのが

今回の施策の目的ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と性格の歪んだ私からの視点はそんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が運送会社の社長なら考える

2つのシナリオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シナリオ1】

従業員の労働時間奪われる

お休み増える

従業員さんの副業許す

ダブルワークで疲れる

事故が増える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シナリオ2】

従業員の労働時間奪われる

お休み増える

給与が減る

退職者が増える

労働人口が減少する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良いとは思えないですね

 

 

 

 

 

 

 

 

早く

自動運転を実装して

人が運ぶサービスを高級なサービスに位置付ける

 

 

 

 

 

 

 

 

これが

運送業の目指す形なのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

とド素人は思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで

 

 

 

 

 

 

 

高速道路で

絶妙に危険なタイミングで

追い越し車線に出てくるトラック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれマジで、なんなん?

 

 

 

 

 

 

スピード落とせって

取り締まってるつもりなの?

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから