MENU

BLOGブログ

日常

新里インタビュー渋滞の車中

2021.07.14

代表の新里と移動中に話す機会があったので

ブログ用にインタビューをさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とある

事故渋滞に巻き込まれまして

 運悪かったですね

というところから

話は始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運というのは誰かの言い訳でしょ?

 

それはラッキーもアンラッキーも両方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運なんてないと思っている。

全ては必然である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社代表、
新里との対話の中から聞けた
言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

宝くじは買わない派ですか?

と質問してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはNO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝くじは買う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たるという目標のため

「買わないことをやめる」

を実行してるのだそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは意思決定における

「最悪を想定する」の実践ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にいくら買うのか議論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝くじ用のお金があったとして

3万円買うか100万円買うか

 

 

 

 

 

 

という質問をしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは3万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

宝くじ全体の売上規模からすると

3万円と100万円の当選確率はほぼ変わらない

 

 

にも関わらず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投資額としては33倍と

リスクは大幅に変わるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に

100万円の投資予算があれば

別の投資に回す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が社長の答えでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前がいつの日か出会う禍は、
お前がおろそかにしたある時間の報いだ

 

 

 

ナポレオンのこの言葉に共感するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業には

リンクするところが

とても多い言葉だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業は

 

 

 

 

フロントローディングに成功した現場は

キチンと終わってきますし

 

 

 

 

 

フロントローディングに失敗した現場は

(さぼってやるべきことをやらない)

ちゃんと失敗してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初動から結果の予測はできますし

結果から初動の動きも推察できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本に忠実に

やるべきことを理解して進んでいきましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから