MENU

BLOGブログ

日常

転職のプロは応募者側のプロを指す

2021.07.01

求人募集すると人数が集まるのが事務系の職種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードルが高いところから応募してくる人が多く

※普通に考えてわからないのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応募者側のプロを自負する私としては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に求人が集まる職種は

 

 

 

ホームページからの

ダイレクトアタック(直接応募)が

 

 

一番早くて、

一番決定率が高いことに気付いている人が

超絶少ないw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

企業側も紹介会社さんに依頼をしないといけないわけですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が転職するときは

100%ハローワークさん使うけどなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでダメなら

リファラル(社員紹介)狙うしか

確率上げる方法ってないのですが

 

※初手を自分で応募してダメなら

2手目に社員紹介は

紹介者を気まずくさせるし

 

 

 

 

 

初手で実施しておかないと

意味ないんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に面接をして騙されたと感じる事は

1回や2回ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

相手側がそう思うこともあったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に言って不採用か

嘘をついて採用か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘から出た真にできる自信があるならイイです。

ただ

ガチガチの嘘は迷惑なのでやめてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

その気もないのに

やる気があります

の類の発言。

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気が無くても

ぬくぬく雇ってくれる会社は

めちゃくちゃいっぱいあります。

 

 

 

 

 

 

 

だから

うちには来ない方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

認知度の低い企業は紹介会社さんの力を借りながら

知って頂く機会を作らないといけないが事実ある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンサーを目指して

活動してみようかな

 

 

 

 

※でもコメント欄で、ブラックだのなんだの

悪口書かれてるインフルエンサーさんの企業をみると

 

 

 

 

 

書いてる人の方がよっぽど性格がブラックだと思うし

合理性に欠けると思う

 

 

 

※「対応が悪い」系のことを書く人は
「良い対応をする必要がない」
と思われいるということに

 

 

 

言われないと気が付かないのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話をもどして

 

 

 

 

 

 

 

今の時代

短期的な広告宣伝費にお金をかけるほど

無能な戦略はない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期的をどう捉えるかにも寄りますが

 

瞬間最大風速を出せる

 

会社さんもある

 

ということもまた事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応募経路によっては

わたしが面接するのは控えようかとも

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔が素敵で

周りを楽しい雰囲気にできる人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応募フォームから

気軽にアポっちゃってくださいね

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから