MENU

BLOGブログ

日常

音を操りし者

2021.06.29

人と会う時に何を目標として会っていますか

一回一回そんなこと考えてられない

そんな意見もありそうです

 

 

 

 

 

 

 

では

人と会う時に何を目標として会うか

考えてみましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事の内容によりますが

 

もう一度会いたくなる

 

これがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これができると

 

 

二度と会いたくない

 

 

も同時に身に着ける事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好かれる技術 と 嫌われる技術は

 

使う方向の違いで

 

根本的な構造は似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも

 

会いたくなる声

 

について書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声というのは

 

先天的に人を引き付ける

 

周波数の声を出す人も居ますし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに居ても

 

届く声の人も居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

人の印象(好感)に影響する感覚

 

55% が 見た目

38% が 音声(声=音)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この38%の音声をパーツに分解します。

 

・声の高さ

・声の大きさ

・テンポ

・間

があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話を分解すると

・音

・内容

の 2つ になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に届く=音

後で届く=内容

※音が届いて、脳で考え、理解する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

内容よりも音の方が重要で

聞かせ方がポイントになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

声のパターン別に

どのような印象を与えるかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・こもった声

鈍感そう

聞き取りにくいため、人のやる気を削ぐ

 

 

 

 

 

・小さい声

自信がなさそう

せっかちな人をイラつかせたいときに効果的

 

 

 

 

 

・大きい声

無神経

自己中心的

 

 

 

 

 

・高い声

ヒステリックなイメージ

神経質

 

 

 

 

。ガラガラ声

調子悪そう

ずる賢そうなイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気づきと思いますが

 

これらはマイナスの印象を与えるための手法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好まれる声の言及は

シーンや相手の性別にも

左右されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナスの声は比較的

 

万人に同じ印象を与えられるので

 

先に紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる好まれる声

女性に対しては、比較的高めの声が好まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすい例でいうと

電話を出る時の声

 

 

 

1トーン高い声で対応する人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が男性の場合は

低くて深い声

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは

信頼感を得るために

知的な演出が好まれやすく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと

落ち着いた話し方が

信頼感に繋がるので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来てない人が居たら

一度試してみるとよいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから